外出先のiPad Proを使って、自宅のMacを操作する方法【Splashtop】

iPad Proでの表示

2016年1月24日iPad pro

自宅では、PCをメインで使っているが外出先ではiPadなどのタブレット端末を使っているなんていう方でも、外出先で自宅のPCが操作できたら・・
と思うこともある筈。

少なくとも、私うえせい(@charin_co)は時々思っています。

そんな時に、iPad(iPhone版やAndroid版も有り)で自宅のPC(今回はMacのものをご紹介しますが、Windos版もあります)を操作できる「Splashtop」というアプリをご紹介します。

 

「Splash top」のいいところ

  • 外出先でPCの画面そのままを操作できる
  • 接続のための設定が難しくない
  • 実際接続するのも、凄く早い

気になるところ

  • 解像度が落ちるので、表示領域が狭くなる
  • マウスが使えないので、操作に慣れが必要
  • 日本語入力はモバイル端末側のものを使うので、親指シフトが使えない(これは多くの人には関係ないか)

 

「splash top」をインストール

PC(Mac)側

▼ここからイントールしてください
http://www2.splashtop.com/ja/download

Splash top インストール画面

iOS側(iPad)側

▼こらちらから、「Splash top」アプリをインストールする。

ちなみにAndroidについては、▼コチラからダウンロードできます。

 

「splash top」をインストール

私は、次のサイトを参考にさせてもらいました。

 

「Splash top」を実際に使ってみる

Macが起動している状態で、iPadアプリの「Splash top」を起動して、同期する端末を指定するだけ。
すると解像度が変わって急に表示領域が狭くなる。

▼PC側ではこんな感じ
PCでの表示

 
▼iPadではこんな感じ
iPad Proでの表示

 

注意点として

自宅のMacがスリープだと自動的に起動することはないので、スリープにさせないような設定をしておく必要があります。

 

【まとめ】外出先で、iPadのみでPCの操作ができるのはありがたい

うえせいイラスト
うえせいは、荷物を減らそうという計画からiPad Proを導入していますが、PCを持って行こうかどうか悩むような場合でも、PCを持って行かなくても済むようになりました。

多くの場合iOSだけで対応が出来ることが多いですし、最悪Macでないとできないようなことでも、このアプリがあれば大丈夫です。
スリープさせられなかったり、表示領域が狭かったりと、問題はあるのですが、あくまで緊急時だと考えると十分に使えますよ。

では、また。テリマカシ。

sponsored link

   
うえせいイラスト

この「うえせいやブログ」は、合同会社うえせいやが運営する自社メディアです。
【運営している人】
うえせい
【本名】
上原誠司(合同会社うえせいや代表社員社長)
【お仕事】
◯WordPressを使ったホームページの制作
◯自社オウンドメディア運営
◯中小企業向けITサポート
【好きなこと】
トライアスロンと自転車とアウトドアをこよなく愛しています。
詳しくは、コチラ

 

sponsored link

lineat

「この記事が気に入ったらLINE@で友だち追加をしよう!

合同会社うえせいやの最新情報をお知らせします。

友だち追加

2016年1月24日iPad pro

Posted by 合同会社うえせいや 代表うえせい