HTMLファイルの基本構造を知る! ホームページを理解する第一歩【HTML超入門6】

HTMLファイルの基本構造

HTML/CSS入門

HTMLの基本構造とういうのは、簡単に言うと雛形みたいなもの。

必ず記述しないといけないタグのことです。

どのホームページも、原則的にはこの構造になっています。

お約束事として、必ず覚えておきましょう。

 

sponsored link

HTMLファイルの基本構造

HTMLの基本構造
すご〜く簡単に言うとこれだけです。

DOCTYPE宣言の下に、htmlタグを記述して、その中にheadタグとbodyタグを記述していきます。

それぞれは次のような役割があります

【関連記事】DOCTYPE宣言とは? その意味と書き方を説明します

 

  • <head> ▶ホームページ全体を囲むタグ。
  • <head> ▶ ホームページ上には表示されない「ホームページの説明」「キーワード」などの情報
  • <body> ▶ 実際にブラウザに表示される内容
  • <p> ▶ 段落を表していて、幾つかの文章のまとまりです。

実際に、HTMLを記述してみました

【関連記事】コピペで簡単に理解! HTMLファイルを作って表示させてみる

 

【まとめ】このhaedとbodyの中にいろいろ記述していくことになるので、まずここを覚えるのが最初です。

結局うえせいはこう思う
どのホームページもこの中にいろいろたくさん記述していって、ホームページが出来ていますので、いろいろとホームページのソースコードを表示させて、確認をしてみてくださいね。

では、また。最後まで読んでくれてテリマカシ。

▼HTML・CSS超入門 記事一覧

sponsored link

   
うえせいイラスト

この「うえせいやブログ」は、合同会社うえせいやが運営する自社メディアです。
【運営している人】
うえせい
【本名】
上原誠司(合同会社うえせいや代表社員社長)
【お仕事】
◯WordPressを使ったホームページの制作
◯自社オウンドメディア運営
◯中小企業向けITサポート
【好きなこと】
トライアスロンと自転車とアウトドアをこよなく愛しています。
詳しくは、コチラ

 

sponsored link

lineat

「この記事が気に入ったらLINE@で友だち追加をしよう!

合同会社うえせいやの最新情報をお知らせします。

友だち追加