大阪府堺市のSEO・MEO対策ホームページ制作会社
トランジット( 合同会社うえせいや)
営業時間 9:00〜17:00(土日祝休)

WordPressのステータスを「レビュー待ち」にするメリット

レビュー待ち
LINE@
「この記事が気に入ったらLINE@で友だち追加をしよう!」

合同会社うえせいやの最新情報をお知らせします。

友だち追加

sponsored link

うえせい写真

この「うえせいやブログ」は、合同会社うえせいやが運営する自社メディアです。
【運営している人】
うえせい
【本名】
上原誠司(合同会社うえせいや代表社員社長)
【お仕事】
◯WordPressを使ったホームページの制作
◯自社オウンドメディア運営
◯中小企業向けITサポート
【好きなこと】
トライアスロンと自転車とアウトドアをこよなく愛しています。
詳しくは、コチラ

取引実績業種

公立高校・各種クリニック・歯科・産婦人科・商店街・鍼灸院・整骨院・整体院・ホテル・ネイルサロン・各種モデル・講師業・生花店・ベビーマッサージ協会・カメラマン・自動車教習所・占い・飲食店・各種クリニック・旅館・ホテル・宿泊施設・など

全国どこでも対応可能です

メールはもちろん、SNSや、LINE、スカイプなどを使ってしっかりとコミニュケーションをとりながら、進めることが可能です。
もちろん、お近くの方や、仕事で行くとこの多い関東圏であれば、実際お会いしてのコンサルティングやレクチャーも対応可能です。

面談可能地域

堺市堺区・堺市中区・堺市東区・堺市西区・堺市南区・堺市北区・堺市美原区・和泉市・大阪狭山市・泉大津市・岸和田市・貝塚市・泉佐野市・泉南市・松原市・富田林市・大阪市此花区. 大阪市福島区 · 大阪市北区 · 大阪市都島区 · 大阪市旭区 · 大阪市港区 · 大阪市西区 · 大阪市中央区 · 大阪市城東区 · 大阪市鶴見区 · 大阪市大正区 · 大阪市浪速区 · 大阪市天王寺区 · 大阪市東成区 · 大阪市西成区 ·大阪市阿倍野区 · 大阪市生野区 · 大阪市住之江区. 大阪市住之江区. 大阪市住吉区 · 大阪市東住吉区 · 大阪市平野区・吹田市
※ここに掲載されている場合でも、一部地域では困難な場合もございます。

WordPressのステータスで、目にするのは「公開」と「下書き」。
それ以外にも、「レビュー待ち」というのがあるのです。

girl.png
A さん

うえせいさん、「レビュー待ち」って何ですか?

uesei.png
うえせい

ブログとして、ひとりで書いているの?

girl.png
A さん

そうですよ

uesei.png
うえせい

それなら、使う機会はないかもしれませんね。

 

sponsored link

WordPressのサイトを複数で管理をしているときに使うものです

他の人の記事を編集することもなく、ただ記事を寄稿する人の権限を「寄稿者」としている場合、ここは「下書き」か「レビュー待ち」しかできなくなっています。

※「管理者」や「編集者」になっていると、公開状態を変更することによって他のステータスにできます。
「ステータス」と「公開状態」については、「WordPressの投稿画面にある「ステータス」「公開状態」ってなに?」で説明していますので、ご覧ください。

つまり自分で「公開」にできないようになっているんです。

「管理者」や「編集者」という権限を持った人にレビューをしてもらって、その記事を公開してもらうためにあります。

「寄稿者」というのは、本当に寄稿する人というイメージですね。

 

複数でブログを管理して、みんなで盛り上げていくもの楽しいものです

友達
以前、うえせいも「HUBLOGZ」というサイトを作って、みんなでブログを書いていました。
それぞれ、忙しくなってきて、なんだかわからないうちに自然消滅してしまったんですが、やってるときは曜日を決めてそれぞれ当番制でやっていて、アクセスもそれなりに上がって来て、楽しかったですよ。

 

【まとめ】「レビュー待ち」を一人で管理しているブログで、使う必要はあまりない

結局うえせいはこう思う
あくまで、「寄稿者」という権限のユーザーがいる場合です。
しかも、寄稿者だけでWordPressはできないので、一人の場合は「管理者」になっているはず。

複数で管理する場合に使うことになるので、覚えておくといいでしょうね。

では、また。テリマカシ。

 
【関連記事】WordPressの「テーマ」と、一般的なブログの「テンプレート」との違いについて

【関連記事】アメブロからWordPressに転向した方へ。アクセスの経路「読者はどこから?」を意識しようね

【関連記事】WordPressで記事を分割する2つの方法。「nextpage」またはプラグインを使う