大阪府堺市のSEO・MEO対策ホームページ制作会社
トランジット( 合同会社うえせいや)
営業時間 9:00〜17:00(土日祝休)

WordPressテーマ「TCD020(Logue)」で個別記事の最初のアイキャッチ画像を非表示にする方法

アイキャッチ画像表示
LINE@
「この記事が気に入ったらLINE@で友だち追加をしよう!」

合同会社うえせいやの最新情報をお知らせします。

友だち追加

sponsored link

うえせい写真

この「うえせいやブログ」は、合同会社うえせいやが運営する自社メディアです。
【運営している人】
うえせい
【本名】
上原誠司(合同会社うえせいや代表社員社長)
【お仕事】
◯WordPressを使ったホームページの制作
◯自社オウンドメディア運営
◯中小企業向けITサポート
【好きなこと】
トライアスロンと自転車とアウトドアをこよなく愛しています。
詳しくは、コチラ

取引実績業種

公立高校・各種クリニック・歯科・産婦人科・商店街・鍼灸院・整骨院・整体院・ホテル・ネイルサロン・各種モデル・講師業・生花店・ベビーマッサージ協会・カメラマン・自動車教習所・占い・飲食店・各種クリニック・旅館・ホテル・宿泊施設・など

全国どこでも対応可能です

メールはもちろん、SNSや、LINE、スカイプなどを使ってしっかりとコミニュケーションをとりながら、進めることが可能です。
もちろん、お近くの方や、仕事で行くとこの多い関東圏であれば、実際お会いしてのコンサルティングやレクチャーも対応可能です。

面談可能地域

堺市堺区・堺市中区・堺市東区・堺市西区・堺市南区・堺市北区・堺市美原区・和泉市・大阪狭山市・泉大津市・岸和田市・貝塚市・泉佐野市・泉南市・松原市・富田林市・大阪市此花区. 大阪市福島区 · 大阪市北区 · 大阪市都島区 · 大阪市旭区 · 大阪市港区 · 大阪市西区 · 大阪市中央区 · 大阪市城東区 · 大阪市鶴見区 · 大阪市大正区 · 大阪市浪速区 · 大阪市天王寺区 · 大阪市東成区 · 大阪市西成区 ·大阪市阿倍野区 · 大阪市生野区 · 大阪市住之江区. 大阪市住之江区. 大阪市住吉区 · 大阪市東住吉区 · 大阪市平野区・吹田市
※ここに掲載されている場合でも、一部地域では困難な場合もございます。

WordPressテーマ「TCD020(Logue)」では、アイキャッチ画像を設定すると個別記事の先頭にメインカラムの横幅いっぱいに表紙されるようになっています。

アイキャッチ画像表示

この先頭に表示される画像を表示しないようにする方法を解説します。

 

最初から、このテーマを使って書いていればこの仕様に合わせて書いていけばいいのですが、別のテーマを使っていてこの「Logue」に変えた方などの場合は、表示させたくない場合もあると思います。

該当する方法がどこかで紹介されていないかと、探してみましたが見当たらないので、私が自身の備忘録として残しておきます。

アイキャッチ画像_表示されない

sponsored link

直接表示させている部分を削除する方法

FTPソフトなどで、WordPressのテーマファイルが入っているディレクトリの中にある
wp-content>themes>tcd20_logue>single.php
から、以下の記述を探しだして、削除すればOKです。

  <?php if ( has_post_thumbnail() and $page=='1') { ?><div class="post_image"><?php the_post_thumbnail('large'); ?></div><?php }; ?>

 

CSSで表示をしないことにしてしまう

前述の方法が一番スマートなのですが、テーマファイルに手を加えてしまいますと、テーマ自体がアップデートをした時に対応できなくなります。
子テーマを作る方法もありますが、多用するとアップデートが無意味になってきますので、当「うえせいWP.net」では、極力テーマに手を加えない形での対応をオススメしています。

その方法というのが、以下のCSSタグを、テーマ自体が用意してくれているCSSを書き込めるようにしてくれている場所へ書き込むという方法です。

/***** 記事本文最初にアイキャッチ画像が表示されるのをブロック *****/
.post_image img {
    display: none !important;
}

 

▼管理画面のメニューから、テーマオプションを選ぶ
テーマオプション

 
▼ユーザー定義CSSに貼り付けをする
CSS書き込み

 

この「ユーザー定義CSS」という機能は、この「TCD020 Logue」特有のものですので、他のテーマに応用する時は「Symple Custom CSS」というプラグインを使うことによって、同様のことをテーマファイルを改変することなく実現できますよ。

【関連記事】
SympleCustomCSSについては、以下の記事で紹介しています。
https://www.uesei.net/1684

 

【まとめ】将来的にテーマを変える可能性があるなら、テーマ固有の機能に頼らないようにしておく

結局うえせいはこう思う
最初から、この「Logue」というテーマを使うのでしたら、この仕様に合わせて記事を書くといいと前述しました。
しかし、厳密に言うと、テーマを変更する可能性があるなら、記事を書く時に固有の機能に合わせてしまうと、あとですべての記事に手を加える必要が出てきてしまいます。

ですので、今回のようなケースは、ご自身の今後の運用を考えて、

  • デザインはテーマで
  • 機能はプラグインで

実現していくといいと思います。

では、また。テリマカシ。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。