リンク切を自動チェック。プラグイン「Broken Link Checker」が素晴らしい|WordPress

Broken Link Checker

ブログを長くやっていると、以前に自分のブログに貼り付けたリンク先URLは、きちんと存在しているのだろうか。
もしかしたら、先方の都合でサイト自体がなくなっていたり、なんかの事情でページを削除した可能性があったりするものです。

もし、どんな理由であれブログを読んでくれた読者の方が、そこに貼り付けてあるリンクをクリックした時に、そこがリンク切れの状態になっていて、見ることができなくなっていたら。

とてもがっかりするだろうし、私も申し訳ない気分になる。

だが、そんな状況を自動でチェックしてくれる、すっごい便利なプラグインがあるので、ご紹介します。

sponsored link

こんな画面がでてくると、がっかりするよね

リンク切れ

なにを紹介したくて貼ったリンクかに関わらず、ブログを見てくれた方たちは、何か意図を持ってリンクをクリックするはずなんです。
それを、裏切る形になるわけで、ユーザーの利益を最優先するという私のポリシーからは外れてしまうので、避けたいところ。
だからこそ、「Broken Link Checker」の出番なのです。

 

「Broken Link Checker」の使い方

Broken Link Checker

まず、[プラグイン]→[新規追加]にて、この名前を検索してでてきたものをダウンロードし有効化

リンク切れ

そして設定していく

ここも簡単です。
特に難しい項目もなく、しっかり日本語で書いていてあるので、どのくらいの感覚でチェックして、通知はどうするかとかそういうことなので、解説するほどでも無いでしょう。

とは言っても参考までに私うえせい(@charin_co)の設定を掲載しておきますね。

 

▼一般設定
リンク切れ

▼リンクチェク対象
リンク切れ

▼リンク種類チェック対象
Broken Link Check

ここで設定は終了です。

 

うえせいは、これで

うえせいイラスト
設定した間隔で、過去記事をチェックしてくれるのですが、その際リンク切れを発見すると、自動でメールが送られてくる設定にできる。

まだ記事も少ないからと思っていても、すでに数件のリンク切れが発覚して修正しています。

理由は、入力ミスであったり、リンク先の都合で削除やパーマリンクの変更などさまざまですが、気を付けていてもやはりあるものなのですよ。

見に来てくれた読者の方に、がっかりした気持ちを持ってもらわないように、是非このプラグインを使ってやってくださいな。

 

sponsored link

Broken Link Checker
lineat
「この記事が気に入ったらLINE@で友だち追加をしよう!
合同会社うえせいやの最新情報をお知らせします。

友だち追加
うえせいイラスト

「合同会社うえせいや」代表の「うえせい」こと上原誠司です。
 
弊社では、WordPressを専門で扱うホームページの制作を承っております。
月額管理料は0円な上、納品後のサボート費用は質問の回答だけであれば永年0円です。
 
お問合せは無料です。お気軽にご連絡ください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。