2017年2月から走っている金色の新型「泉北ライナー」に乗ってきました【堺市情報】

泉北ライナーアイキャッチ

堺市情報

泉北高速鉄道の特急「泉北ライナー」
始発駅の「難波」から、最寄りの駅まで区間急行とくらべて4分しか変わらないのに相変わらずよく乗っています。

2017年2月から新型に変わっていて、乗る機会があったので写真を撮ってきましたので、紹介しておきます。

 

 

sponsored link

新型「泉北ライナー」外観

外観に関しては、同じ南海電鉄の路線が違う南海本線で走っている「特急サザン」で使われている車両そのままのようです。

ただし、塗装がしてあって「金ぴか」になっています。
泉北ライナーの窓

しかも、窓まで「金ぴか」

徹底しています。

 

新型「泉北ライナー」にのってみた

乗り込んで、最初にびっくりするは壁まで「金色」
豪華な感じもしますが、なんか電車と考えると不思議な雰囲気です。

泉北ライナー廊下
▲走っている電車の中で撮影しているので、結構ぶれてしまいました。

泉北ライナー窓
▲外から見ると窓まで金色だったので、暗いのかと思ったら中からは、そとの景色が見えるようになっていました。

 

装備は、フル装備

新型泉北ライナーのトイレ
▲トイレもあります。

 
泉北ライナーの洗面
▲洗面もありますが、ここも壁が金色です。

 
泉北ライナー自販機
ジュースの自動販売機まであります。

 

各車両ごとに、シートの色が違うらしい

泉北ライナーシート(緑)

泉北ライナーのシート(赤)

泉北ライナーのシート(紫)

それぞれシートの色が違うのですが、まだ張り替えたばかりなのかすごくキレイで、その上乗り心地はすごくいいです。
うえせい(@charin_co)は、20分程度しか乗車時間がないのですが、もっと乗っていてもいいと思うくらいです。

 

コンセントまである

泉北ライナーのコンセント
シート下にコンセントも装備しています。

20分ほどしか乗っていないのですが、それでもこれがあるだけで、便利なこともありますね。

 

【まとめ】新型は、装備も充実しているし、なんせ金色が乗ってて楽しい

うえせいイラスト
ここは、賛否両論あるでしょうけれど、うえせい(@charin_co)は、この金色、結構よいと思います。

電車ではあまり見かけない色だし、内装色まで金色になっていると豪華な気分になります。

泉北ニュータウンのエリアまでは、20〜30分であっという間に到着してしまうのですが、ダイヤの関係もあるので、たまたまタイミングがあった時には、乗ってみることをオススメします。

では、また。テリマカシ。

 

sponsored link





 

lineat

「この記事が気に入ったらLINE@で友だち追加をしよう!

合同会社うえせいやの最新情報をお知らせします。

友だち追加

うえせいイラスト

この「うえせいやブログ」は、合同会社うえせいやが運営する自社メディアです。
【運営している人】
うえせい
【本名】
上原誠司(合同会社うえせいや代表社員社長)
【お仕事】
◯WordPressを使ったホームページの制作
◯自社オウンドメディア運営
◯中小企業向けITサポート
 
【好きなこと】
トライアスロンと自転車とアウトドアをこよなく愛しています。

詳しくは、コチラ