アメブロで書いた記事を、WordPressに埋め込む方法

アメブロで書いた記事をWordPressに埋め込んで紹介したい時に役立つ、「アメブロで書いた記事をWordPressの投稿に埋め込む方法」です。

私のお客様にはWordPressをブログとして使わず、ブログとしては以前から使っているアメブロをメインで使っている方も非常に多いです。

そんな方に対しては、アメブロの記事をコピペするのは辞めましょうねとお伝えしています。
記事がダブって、Googleさん的にNGですし、検索して訪れたユーザーに対しても同じ記事を見せるというのは、失礼なことだと考えるからです。

しかし、ちょっと紹介したい!なんて時に使える方法です。


 

sponsored link

アメブロのリブログを活用する

アメブロのリブログ
うえせい
このリブログってタグを見てみるとiframeなので、もしかしたら、アメブロ以外でも使えるかも?

 

1.WordPressに埋め込みをしたい記事を表示します。

うえせいのアメブロの記事

 

2.リブログボタンを押します

リブログボタンを押す

 

3.表示をHTMLに変えるとタグが表示されるので、コピー

HTML表示にする

 

4.コピーしたタグをWordPressの表示したい箇所に貼り付ける

表示されたリブログのタグ
 
【コピーしたタグ】

※どうやら、この時に新しいエディタになっている必要があるようです。

 

5.このように表示されます

これだと、記事の重複問題もなく、手間いらずでWordPressで紹介ができます。

 

【まとめ】アメブロのリブログを使うと簡単にWordPressに記事が埋め込める

うえせいイラスト
本来はアメブロ内で、記事を紹介するための機能のようですが、アメブロ側としても紹介をされている側なので、それが外部であろうとも問題はないと思います。
※ダメって書いていないし・・・

ちなみに、うえせい個人としてはアメブロではなくWordPressに記事を書いた方が、同じドメイン内で記事が増えることになるので、そちらを推奨しています。

ただし、アメブロですでに集客が軌道に乗っているなら、使えるところまで使った方がいいと思います。
将来的にビジョンまでをヒアリングして、アドバイスもさせていただいています。

A さん
アメブロとWordPress2つ持っているんだけど、どう使い分けたら?

という質問を受けることがあります。

その方の状況をしっかりとお訊きしないと回答できない質問ですので、もしお悩みの方はFacebookページにいいねをして時々チェックをしてください。

不定期ですが、WordPressの無料相談会を開催していますので、利用してください。

では、また。テリマカシ。

 
【関連記事】Twitterの投稿を、WordPressブログの記事に埋め込んでしまおう!

【関連記事】Facebookの投稿を、WordPressブログの記事に埋め込んでしまおう!

【関連記事】Instagramの投稿を、WordPressブログの記事に埋め込んでしまおう!

 

sponsored link

lineat
「この記事が気に入ったらLINE@で友だち追加をしよう!
合同会社うえせいやの最新情報をお知らせします。

友だち追加
うえせいイラスト

「合同会社うえせいや」代表の「うえせい」こと上原誠司です。
 
弊社では、WordPressを専門で扱うホームページの制作を承っております。
月額管理料は0円な上、納品後のサボート費用は質問の回答だけであれば永年0円です。
 
お問合せは無料です。お気軽にご連絡ください。