うえせいWP.net

WordPressのホームページ制作とWEB活用コンサルティング【大阪府】

うえせいのコラム

「仮面ライダーアマゾンズ」Amazonがやたら押しているのが安直過ぎて観てみた

アマゾンで買い物をするときに、やたら上のバナーに「仮面ライダーアマゾンズ」なるものが表示されていました。
Amazonだけに、仮面ライダーアマゾンズってどうなん?とか思いながら、子供の頃「仮面ライダーアマゾン」が好きだったので、1話だけ見てみることにしました。

 

sponsored link

「仮面ライダーアマゾンズ」ってどんなお話?

仮面ライダー生誕45周年となる2016年新たな挑戦。仮面ライダーシリーズ第4作目にして、そのビジュアルと他の仮面ライダーとは一線を画すワイルドなアクションから、シリーズ最大の異色作との呼び声も高い”仮面ライダーアマゾン”が、Amazonプライム・ビデオにおける日本初のオリジナル作品として完全新生。悠と仁、養殖と野生、二人の対照的な仮面ライダーアマゾンを中心に、様々な登場人物の思惑が交差し、謎が謎を呼ぶ展開は注目必至。

どうやら、この仮面ライダーアマゾンズが「Amazonプライム・ビデオ」のはじめてのオリジナル作品のようです。
しかし、Amazonさんの仮面ライダーアマゾンに目をつけるとは、なかなかいいセンスですよね。

 

うえせいが子供の頃にみた「仮面ライダーアマゾン」は、ちょっと変わっていた

「噛みつき」や「引っ掻き」といった攻撃がメインで、必殺技がキックではないあたりもかなり変わっているし、当時のアマゾンも悪者は人間を食料とするというのが設定だったので、子供ごころに気持ち悪かった覚えがあります。

但し、ウィキペディアで見てみると▼のように書いてあったので、ちょっと方向性が変わっていったようですね。

ゲドンの獣人は食料となる人間を片っ端から誘拐してはその生き血を抜き取って殺していき、その人間の死体を食肉として保存する。しかし、その怪奇性とヒーローの孤独を中心に据えた作品展開が仇となって子供たちに敬遠されてしまい、当初は好調だった視聴率が徐々に低迷してきたため、 第6話でモグラ獣人がアマゾンの仲間になってから大きな方向転換を余儀なくされ、低年齢向けの作風へと変化して視聴率の回復が図られた。視聴率回復のための強化策は次の3点である。

 

今回の「仮面ライダーアマゾンズ」もなんかヒーローものにしては、気持ち悪い

悪者が虫で人間を食べるという設定からして、ちょっと気持ち悪いのですが、戦うシーンもそんな感じです。
ただ1話しかみていないので、なかなか仮面ライダーもでてこないし、意味のわからないことが多いのでこれから続きを見てみないとよく分からないですね。
※本作品 には、一部バイオレンス・シーンが 含まれております。 未成年の方のご鑑賞に当たりましては、保護者の方の適切な配慮をお願い致しますと、Amazonプライムビデオの説明にはありました。

 
そして、虫にはランクがあって、ランクBは雑魚キャラ。
ランクAはボスキャラといった感じです。
1話の段階では、よく分からないのですが味方になっている虫もいるようです。

 

「アマゾンズ」というだけあって、仮面ライダーアマゾンは2人出てくる

最初に赤いのが出てきて、みどりのが出てきて一話が終わってしまいました。
まったく違うキャラクターか同じアマゾンに変身して戦うという感じのストーリーの進み方をするみたいですね。

ちょっと気になるので、40過ぎのうえせい(@charin_co)ですが、続きを見てしまうかも知れません。

【関連記事】Amazon「fire TV Stick」を2日使ってみました。無料動画もYoutubeもありで、かなり使える印象

【関連記事】Amazon配送用の箱はとても良く考えられている

 

【まとめ】Amazonnプライムビデオのオリジナル作品「仮面ライダーアマゾンズ」をご紹介しました

うえせいイラスト
Amazonプライム会員になっているので、シーズン1は無料で見られるようです。

Amazonも、プライム会員を除いて無料配送サービスをやめるという報道もありましたし、このようなオリジナル作品があったり、音楽もストリーム配信で聴き放題だったりとかなり手厚いサービスです。

月に1冊本がタダで読めるのも嬉しいですよね。

ひとまず、この仮面ライダーアマゾンズ。もう少し観てみることにしますね。

では、また。テリマカシ。

「うえせいや」のLINE@を友だち追加して下さい

うえせいのお知らせやメッセージを受け取ったり、ブログ相談会の募集告知を受け取ったりしたい方は、ううえせいやのLINE@を友だち追加してくださいね!
「うえせいや」のLINE@を友だち追加して下さい

sponsored link

合同会社うえせいやについて

合同会社うえせいやについて
「合同会社うえせいや」では、リーズナブルで柔軟性の高い月額管理費が0円の、自分で更新できるホームページの制作を承っております。
最終的に納品の際には、使い方のご指導をさせて頂くとともに、以降のサボート費用を質問の回答に限り、永年0円としておりましす。
ですので、以降の更新はご自身で、しかもスマホからも可能です。

お申込み、お問合せは無料です。
お気軽に、以下よりご連絡ください。

こんな記事も書いています

コメントを入れて頂くと嬉しいです。

*