うえせいWP.net

WordPressのホームページ制作とWEB活用コンサルティング【大阪府】

デジタルもの

ポメラDM100を親指シフト用に導入。今さらレビュー

もう発売されてかなり経ちますが、いまさらながらキングジムのポメラDM100を親指シフトでテキストを入力するために使って、1週間ほど経ったのでレビュー記事にしておきますね。

sponsored link

ポメラDM100ってなに?

ポメラdm100 全体
一見するとパソコンのようにも見えないこともないのですが、文章を入力するだけの機械です。

インターネットを使える訳でもなく、とにかテキストデータを作れるだけのものです。

だいたいメーカーさんもキングジムだったりするくらいですからね。

なんで買ったのか?

救世主
実は買ったものではなくて、ゆずってもらったものです。

それでも譲ってもらった理由は、

  1. キーボードで入力したいことが多いこと
  2. 親指シフトに対応していること
  3. Evernoteに対応しているので、書いた文章をEvernoteに転送できて、ブログの下書きとして使える。

実際使ってみた

ポメラdm100を使ってみた
今回はそもそも最初から親指シフトで使う予定にして購入しましたが、多少クセがあるので、いつもMacでキーボードを使っているようには、いかないですが慣れもあるでしょうね。

30分ほど使っていると、慣れてきてはやくなってきますからね。

うえせいが使っていて気になるポイント

  1. キーが小さい。
  2. かなと英数の切り替えのキーの位置が特殊。
  3. 親指シフトモードの時に、バックスペースが使えなくて”]”が表示されてしまう。
  4. スペースキーと、無変換キーが入れ替わってしまう(ホントは、同時にキーを押しているとき以外はスペースキーは、スペースキーとしていて欲しい)

【まとめ】親指シフト目的での購入なら一度実機を使ってみてからにすることをおすすめします

うえせいイラスト
私うえせいは、あまり使わないという友人から格安で譲ってもらったという経緯から、まったく触ったことがない状態での購入となりましたが、キーの押下圧などは親指シフト向けとはいかない感じもします。

とはいえ、まだ一週間ほどですが、もう少し慣れてしまえばかなり使えそうな予感がしています。

Adobeの製品を使うような仕事の時はiPad Proを使って、ブログなど文章を書くときはこのポメラで行うとそれこそPCを持ち歩くことが減るでしょう。

現に、いま東京へ出張に来ているのですが、今回は PCは持参していません。

電源ONですぐに使えるというのは、かなりのメリットです。

今後は、これを活用していくつもりです。

また、なんか面白い使い方なんかを思いついたらアップしますね。

では、また。テリマカシ。

「うえせいや」のLINE@を友だち追加して下さい

うえせいのお知らせやメッセージを受け取ったり、ブログ相談会の募集告知を受け取ったりしたい方は、ううえせいやのLINE@を友だち追加してくださいね!
「うえせいや」のLINE@を友だち追加して下さい

sponsored link

合同会社うえせいやについて

合同会社うえせいやについて
「合同会社うえせいや」では、リーズナブルで柔軟性の高い月額管理費が0円の、自分で更新できるホームページの制作を承っております。
最終的に納品の際には、使い方のご指導をさせて頂くとともに、以降のサボート費用を質問の回答に限り、永年0円としておりましす。
ですので、以降の更新はご自身で、しかもスマホからも可能です。

お申込み、お問合せは無料です。
お気軽に、以下よりご連絡ください。

こんな記事も書いています

コメントを入れて頂くと嬉しいです。

*