MacBookProのキーボードを無刻印化。真っ黒になったらクセが分かった

2016年4月13日mac

Macのキーボードを無刻印化するキーボードに貼るキートップシール「Blackout sticker for Mac」がAmazonにて販売されているという情報を、ものくろさんのブログで発見したので、真似をさせてもらうことしました。

うえせい(@charin_co)の場合、親指シフト(ローマ字入力の人一緒)で日本語の入力をしている為、かな文字がキートップに書いてあるのは不必要。
キートップの印刷がゴチャゴチャしていてカッコ悪いので、なんとかしようと思っていたところ、いい製品があるではないですか!!

ってことで、さっそくポチッとしました。
ものくろさんありがとう。

 

「Blackout sticker for Mac」とは、こんなもの

Blackout sticker for Mac
簡単に言うと、MacBookProのキーボードの上に合うサイズの真っ黒のシール。
コレを一枚一枚丁寧に貼っていくとキーボードの文字が無くなるので、無刻印キーボードのようになるというものです。

 

「Blackout sticker for Mac」の張り方

「Blackout sticker for Mac」張り方ピンセット
説明書にもあったし、前述のものくろさんのブログでも紹介していたとおり、私もキチンとピンセットを使いました。

確かにピンセットが無いと位置決めに手間取って失敗しそうだし、時間も掛かりそうな気がしました。
ちなみに、最初にキーボードをアルコールで油脂やホコリをとっておく作業からしても、20分程度で完了しました。

「Blackout sticker for Mac」張り方
▲説明書には、このように気泡のことについて注意書きがありますが、シール自体が大きくないのでそんなに意識しなくて良さ気です。

 

うえせいは、全部に貼らなかった

「Blackout sticker for Mac」貼付け完了
上のファンクションキーについては、ブラインドでするにはほとんど覚えていないことと、キートップの「かな」の印字さえ消えればスッキリしてかっこいいかな?とか思っていたので、中途半端ですがコレでヨシかなって思っています。

 

貼付けてから、一日使ってみた感想

親指シフトに関しては、どちらにしてもキートップに印字が無いので見ることはもともとなく、全く不自由を感じていません。
アルファベットに関しても、元システムエンジニアのうえせいは若いころにブラインドタッチを叩き込まれているので、こちらも不自由することはありません。

ただし、数字に関してはかなり目で見ていた様子です。

数字を入力する時の誤入力が頻発しています。
まあ、これも慣れだし、完全にブラインドできたほうが入力が速くなるというもの。
ゲームで言ったら経験値が上がるということですね!

【関連記事】ものくろさんの「親指シフト道場」に参加してみたら、練習する気になった

【関連記事】身体に優しい日本語のタイピング。私うえせい「親指シフト」の練習中

▼MacBookPro・MacBookAirの方

▼12inch MacBookの方

 

【まとめ】MacBookProのキートップを無刻印化するシール「Blackout sticker for Mac」をご紹介しました

うえせいイラスト
荒療治的な方法かも知れませんが、ブラインドタッチを身につけるには最適な方法だと思います。
だって、見ても書いてないのですから。

それにキートップにゴチャゴチャ書いてないと、スッキリしてかっこいいですよ。
カフェなどで、ドヤ顔で作業してもいいのではないでしょうか?

では、また。テリマカシ。

sponsored link

   
うえせいイラスト

この「うえせいやブログ」は、合同会社うえせいやが運営する自社メディアです。
【運営している人】
うえせい
【本名】
上原誠司(合同会社うえせいや代表社員社長)
【お仕事】
◯WordPressを使ったホームページの制作
◯自社オウンドメディア運営
◯中小企業向けITサポート
【好きなこと】
トライアスロンと自転車とアウトドアをこよなく愛しています。
詳しくは、コチラ

 

sponsored link

lineat

「この記事が気に入ったらLINE@で友だち追加をしよう!

合同会社うえせいやの最新情報をお知らせします。

友だち追加

2016年4月13日mac

Posted by 合同会社うえせいや 代表うえせい