Facebookの友達が増えてくると、敢えてメッセンジャーを活用するといい理由

男女が野外で握手

2015年11月6日SNS

Facebookというのは便利なもので、一度だけしかお会いしたことがない方でも、初対面の際にその場でお友達になっておけば、あとでネット上で交流が図ることができます。

その後、リアルでお会いできれば、その間に久しぶり感がなくてお話がスムーズに進みます。

但し、どんどん活用していくと、Facebookの繋がりが増えて

うえせい
誰だっけ?

となってしまいます。

そんな時は、Facebookのメッセンジャーを活用すると解決することが多いですよ。

 

sponsored link

初対面での「Facebookやってますか?」には、要注意

男女が野外で握手
面と向かって、Facebookで友達リクエストをすると、

A さん
リクエスト送っておきました!
うえせい
了解しました!後で承認しておきます。

なんて、流れになります。

実際お会いしてお話していたのですから、承認だけしてその時は終了することが多くなります。

ここが落とし穴。

 

その時に、友達リクエストせずに後でメッセージと一緒にリクエストくれる方の方が繋がりやすい

お手紙イラスト
これは、その時のリアルタイムかどうかが問題ではなく、メッセージのやり取りがあるかどうかが左右します。

例えば、ビジネス交流会などの場だと、その場では忙しいのでFacebookは後回しになります。
ただ、来たリクエストに対し承認するくらいはできてしまうのが問題。

お互いそのままで終ってしまうと、たとえFacebookでつながっていても、どんな人だったかの記憶がなくなってきます。

そして、たまにお誕生日なんかの通知がくると、、、「誰?」になってしまうのです。

 

その場に一緒にしても、初対面の時はお互いメッセージのやり取りをする

これが、じつはコツだったりします。

例え、一度しか(もしかしたら、インターネット上だけでのお付き合いでも)お会いしてなくても、メッセンジャーのやり取りをしておけば、後で見返してだいたいの方のことを思い出します。

コツとしては、お会いした時のシチュエーションを連想させるようなメッセージにすることです。

例えば、◯◯交流会に参加した時にお会いした方だったら、

「◯◯交流会でお会いしたうえせいです。先ほどは、お仕事でされている□□の活動のお話ありがとうございます・・・」

とか書いておくと、思い出しやすいですよね。

ココ最近は、一切メッセージの無い友達承認やリクエストを行っていないので、完全にキレイさっばりという方はいらっしゃらなくなりましたね。

 

【まとめ】イロイロと言われているFacebookですが、まだまだ使えますよね

うえせいイラスト
日本では、LINEのユーザー数の伸びがすごい勢いですが、Facebookなんかはどうなんでしょうね。

なんとなくアカウントをもっている方は多いのですが、その多くはサイレントユーザーのようです(どのSNSでも共通)。
アクティブユーザーは、結構少ないものです。

とは言え、つながっているとコチラがアクティブに使っていさえすれば、見てもらえるコトをありますからね。
そう考えると、すっごく便利なツールです。

初対面の方でも、メッセンジャーを数回やり取りしておくだけで、後で振り返った時に思い出し具合が全く違います。

お試しくださいませ。

では、また。テリマカシ。

 

こんな記事はいかがですか?

http://www.uesei.net/3383

http://www.uesei.net/2990

http://www.uesei.net/2797

sponsored link





 

lineat

「この記事が気に入ったらLINE@で友だち追加をしよう!

合同会社うえせいやの最新情報をお知らせします。

友だち追加

うえせいイラスト

この「うえせいやブログ」は、合同会社うえせいやが運営する自社メディアです。
【運営している人】
うえせい
【本名】
上原誠司(合同会社うえせいや代表社員社長)
【お仕事】
◯WordPressを使ったホームページの制作
◯自社オウンドメディア運営
◯中小企業向けITサポート
 
【好きなこと】
トライアスロンと自転車とアウトドアをこよなく愛しています。

詳しくは、コチラ