スマホで写真を撮る時の設定は、常にセルフタイマーONがいいと思うわけですよ。

スマートフォン

スマートフォンで写真を撮る時って、結構ブレたりすることが多いんですよね。
それを防止するには、実はセルフタイマーを使っちゃうと上手に撮れるんですよ。

特に、iOSのバージョンがいつからだっか長押しに応じて連写するようになってますからね。

sponsored link

画面をタップしなければ、ブレる可能性は極端に少なくなる

スマートフォン
スマートフォン写真を撮るときになぜブレやすいかというと、もともとスマートフォンは写真を撮る専用の機械ではないからです。
カメラというのはブレないためにグリップ性を良くする工夫をしていますが、スマートフォンはどんどん薄く、そしてデカく進化してきていますよね。

そうすると、シャッターボタンをタップするする時に、しっかりとグリップできていなくてブレてしまうのですよ。
仕方ないですね。

だったら、画面をタップしなかったらいいんではないでしょうか。。。

というのが今回の提案なのです。

 

やり方はとっても簡単。セルフタイマー機能をONにするだけ

カメラアプリによりイロイロと設定はあるのですが、あまりにイロイロありすぎて全部は説明できないので、標準カメラアプリで説明をします。

とは、言ったもののセルフタイマーをONにして、その秒数を設定すればOKなんですけどね。
ただ、その秒数はできるだけ少なくしてください。
通常セルフタイマーというのは、自分を含めた数人で写真を撮るときに使う機能で、10秒とかで設定しますが、自分を撮るだけなのに10秒も待ってはいられないです。

では設定方法です。

iOSの場合

カメラアプリを起動します。
iOS_self1_S

画面上にある、タイマーマークをタップして、好きな秒数に設定してください。
iOS_self2_S

Androidの場合

カメラアプリを起動します。
android1

画面左下にある、タイマーマークをタップして、好きな秒数に設定してください。
ただしAndroidOSの場合は、機種特有の画面であったり、バージョンの違いで設定する場所が違ったりしますので、気を付けて下さい。
(この画面はAndroid5.0。このブログ執筆時点では最新のものなので、現在主流の4.Xとは少し違うと思いますが許してくださいまし)
Android2
どちらのOSも、超簡単ですよね。

 

うえせいは、いつも使っている

当ブログでも私うえせい(@charin_co)本人が、ちょいちょい登場しますが、その写真のほとんどが自撮りです。

そしてセルフタイマーを使っています。

ま、スマホだから撮ってすぐ確認して、再度撮り直せばいいんですけど、どうせなら一発合格させたいですね。
ただし、動物やお子さんの写真なんかを撮るときは、その瞬間がベストショットですので、タイミング勝負の写真を撮るときは、セルフタイマーはオフにしましょうね。

 

 

sponsored link

スマートフォン
lineat
「この記事が気に入ったらLINE@で友だち追加をしよう!
合同会社うえせいやの最新情報をお知らせします。

友だち追加
うえせいイラスト

「合同会社うえせいや」代表の「うえせい」こと上原誠司です。
 
弊社では、WordPressを専門で扱うホームページの制作を承っております。
月額管理料は0円な上、納品後のサボート費用は質問の回答だけであれば永年0円です。
 
お問合せは無料です。お気軽にご連絡ください。