WordPressのギャラリー機能を使い倒すために、1つずつ写真リンクを貼るプラグインのご紹介

WordPress ギャラリー

WordPressには、意外と知られていないのですが、投稿ページや固定ページに写真集を配置できるギャラリー機能があるんです。
じつは、Ver2.5から備わっている機能です。

この機能、たくさんの写真を見せたい時には便利の機能ではありますが、各写真をクリックしても、WordPressの用意したattachmetページに遷移しますが、リンクが貼れないのです。

その問題を解決するプラグインを発見し導入してみますので、参考にしてみてください。

sponsored link

WordPressのギャラリー写真ひとつずつにリンクを貼るプラグイン「WP Gallery Custom Links」

WordPress ギャラリー

「WP Gallery Custom Links」の機能

このプラグインは、インストールするだけで、とくに細かい設定は必要ありません。
勝手に設定項目が増えていると思いますので、そこに必要な内容を入力するだけでOKです。

 

「WP Gallery Custom Links」のインストール

プラグインのインストール
「WordPress.org」から、「WP Gallery Custom Links」をダウンロードすることもできるのですが、またわざわざアップロードしないといけなくなるので、管理画面にある「プラグイン」→「新規追加」から検索してインストールしましょう。

 

「WP Gallery Custom Links」の使い方

WordPress_WP Gallery Custom Links

このプラグインをインストールして、アップロードされている写真をWordPressの管理画面から開けてみると、上のスクリーンショットの四角で囲まれた部分が追加されます。
遷移させたいページのURLを「Gallery Link URL」に入力すると実際表示された時に、クリックされるとそのURLのページへ移るようになります。

 

例えば、こんの風に使うといい

  • 販売したい商品の写真をギャラリーにして、たくさん掲載しする。
  • 商品を細かく説明した各商品ごとに記事を作成して、ギャラリーの1つずつの写真からリンクで該当するページへ行くような設定にする。

あとは、商品の詳細説明ページからECサイトに移動させるなど検討してもらえばいいのです。

 

【まとめ】リンクを設定できると、使い道が一気に広がる

うえせいイラスト

WordPressのギャラリーはイマイチ使うひと自体が少ないのか、Ver2.5からあまり進化していない気がします。
使い勝手がよくないからか、理由もよく分かりませんがプラグインの数もそれほど多くはありません。

より個性的なサイト作りには、最適のプラグインではないでしょうか?

まず何よりも更新することですが、工夫をして自分好みのサイトができれば、テンションも上がって更新頻度も上がるかもしれませんよね!

では、また。テリマカシ。

 

WordPressのプラグインはたくさんあるから、調べてみるといいですよ

sponsored link

WordPress ギャラリー
lineat
「この記事が気に入ったらLINE@で友だち追加をしよう!
合同会社うえせいやの最新情報をお知らせします。

友だち追加
うえせいイラスト

「合同会社うえせいや」代表の「うえせい」こと上原誠司です。
 
弊社では、WordPressを専門で扱うホームページの制作を承っております。
月額管理料は0円な上、納品後のサボート費用は質問の回答だけであれば永年0円です。
 
お問合せは無料です。お気軽にご連絡ください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。