興味が沸いたブログをFeedlyに登録する方法

feedly

読みたいブログの新しい記事を、まとめて一度に読めてしまうfeedlyは、情報収集にはもってこいのツールではあるが、馴染みがあまりないのと、サイトが英語だったりするもので利用率はそう高くはないのでしょう。

ただ、すごく便利なものなので、使ってみて欲しいと思う。

今回使い方をまとめてみたので、見てください。

sponsored link

当ブログを例にとって説明しましょう

feedlyボタン
「うえせいWP.net」ではfeedly登録のボタンはオリジナルで作っているので、PCであればサイドバーに、スマートフォンであれば、スクロールしていって下の方に同じボタンがあります。

それを押して下さい。

feedly1
こんな画面が表示されます。
つまり当ブログのボタンなので、当ブログの更新履歴が表示されています。
(スマートフォンユーザーが多いでしょうから、スマホ画面で解説します)

この画面の右上の方「+Feedly」というボタンを押してください。

あとはジャンルを聞かれたりするので、チェックボックスに入れるだけ。

簡単ですよね。

 

アカウントを持っていない場合はFacebookかGoogle+とつなげればOK

feedly_personalize

上のボタンは「Googleアカウント」、下のボタンは「Facebook」とそれぞれ接続するようになってログイン出来るようになる。

使うための準備はたったこれだけです。

 

Feedlyに登録しておくとどんないいことがあるの?

ブログを読むと言う習慣がなく、今後も興味が無いのであれば読み飛ばしてもらって大丈夫ですが、どうせなら読んでもらうといいことあるかも?

Feedlyというのは、登録されているブログが更新されたら表示するようになって、こちらからチェックしにいかなくても、また複数のお気に入りブログの更新情報が一度に見ることが出来るんです。

 

つどつど、GoogleChromemやInternetExplorerなどのブラウザを立ち上げて、お気に入りを表示させて・・・
なんて作業が必要なくなるんです。

そして、見たい時にFeedlyを開くと、まだ目を通していないブログ記事が一目瞭然です。

これで読み逃し無しですね。

やり方がわかりましたよね?
当ブログへのFeedlyへの登録をお願いします。

feedlyに登録

 

sponsored link

feedly
lineat
「この記事が気に入ったらLINE@で友だち追加をしよう!
合同会社うえせいやの最新情報をお知らせします。

友だち追加
うえせいイラスト

「合同会社うえせいや」代表の「うえせい」こと上原誠司です。
 
弊社では、WordPressを専門で扱うホームページの制作を承っております。
月額管理料は0円な上、納品後のサボート費用は質問の回答だけであれば永年0円です。
 
お問合せは無料です。お気軽にご連絡ください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。