WordPressでテーマを書き換えることなくカスタマイズができるプラグイン2選

わぷーURL折り返し

WordPressのテーマは出来る限り手を加えることなく、オリジナルで使っていた方がアップデートのことなど考えた時には、手間は少なくて済むのですが、やはりどこか手を加えたくなるものです。

そんな時に、役立つプラグインのご紹介をします。

sponsored link

手を加えたWordPressのテーマは、アップデートした時に上書きされてしまう

WordPress ワプー
WordPressのテーマは有料、無料にかかわらずアップデートがある。
何か不具合を修正してくれたりするのですが、テーマを上書きする形でインストールするために、何か手を加えているとすべて消えてしまいます。

また手を加えた場所にコピペすればいいのだが、それも面倒だし、不具合が出る原因にもなります。

アップデートをしないでもいいのですが、せっかく手が加えられているのだったら利用したいですよね

 

テーマ自体に手を加えることなく、コードが書き込めるプラグイン

スタイルシート(CSS)に手を入れることの出来るプラグイン「Simple Custom CSS」

Simple Custom CSS

「Simple Custom CSS」は、WordPressのテーマ本体を直接触らなくても、テーマのCSSをカスタマイズできるプラグインです。
CSSで表現したいコードを追加で書き込むだけでOKなんです。

使い方は、次の通り。

まずはインストールする

「外観」→「CSS編集」と移動する

CSS編集

コードを書き込む

▼のような画面になるので、あとはコードを書き込むだけです。

CSS編集

 

次のサイトを参考にしましたので、ぜひご覧ください。

Simple Custom CSS – テーマを直接編集せずにCSSをカスタマイズできるWordPressプラグイン – ネタワン

 

 

PHPに手を加えることの出来るプラグイン「Header and footer」

「Header and footer」は、WordPressのテーマ本体を直接触らなくても、テーマのphpをカスタマイズできるプラグインです。
phpで出来ているファイルは、いわばテーマのプログラム。
自信がないと、あまり触りたくないところですよね。

ですが、このプラグインを使うことによって、ヘッダーやフッターといった場所にphpを書き込むことができるのです。

▼詳しくは、ブログ仲間のものくろさんが詳しく解説しているので、そちらをご紹介ください。
【WordPress】Header and Footer プラグイン – ヘッダー部分(header.php)を編集なしでカスタマイズ(コード追加)できます | ものくろぼっくす

 

 

 

 

【まとめ】WordPressはプラグインを使うと、結構もともとのテーマのデザインからけっこう変えられるのです

うえせいイラスト
プラグインを使うと重くなる(多少もっさり感がでてくる)ので、テーマファイルに直書きする人もいるのです。
このプラグイン、phpやらCSSなんて言葉すらピンと来ないひとにはなんの約にも立ちませんが、テーマ自体をアップデートしても別の場所に書いていることになって、削除されないですみます。
一度書き込みをしまうと、後は何も面倒もないので、すこしお勉強してみてください。

では、また。テリマカシ。

sponsored link

わぷーURL折り返し
lineat
「この記事が気に入ったらLINE@で友だち追加をしよう!
合同会社うえせいやの最新情報をお知らせします。

友だち追加
うえせいイラスト

「合同会社うえせいや」代表の「うえせい」こと上原誠司です。
 
弊社では、WordPressを専門で扱うホームページの制作を承っております。
月額管理料は0円な上、納品後のサボート費用は質問の回答だけであれば永年0円です。
 
お問合せは無料です。お気軽にご連絡ください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。