Macなら、Keynoteとプレビューだけでカワイイボタン素材が作れる件

複雑な形のボタン

2014年12月2日ブログ

ブログやホームページで使うようなボタン素材なんかを作る時に、高価なイラストレーターやフォトショップを使わなくても、Macならば無料もしくは、もともとインストールされているキーノートやプレビューで作ることができちゃいます。

ブログを運営していると、ボタン素材を作って使おうなんて思うこともあるでしょう。

そんなこと言ったって、フォトショップもイラストレータも無いし、あっても使い方が分からないし、第一高いよ。
と、思うでしょう。

でも、簡単なものなら、もともとMacにインストールされているアプリケーションで作ることが出来る方法あるのでご紹介しましょう。

 

sponsored link

こんな感じで四角くないボタンを作るのってハードル高い?

複雑な形のボタン
そう言えば、ブログを再スタートさせてから、Feedlyの登録者がゼロからになっているのと、自分の仕事の方のアピールが少ないのが気になっていたので、新しいブログの雰囲気にあったボタンを作ってみました。

ただ、こういうのって普通フォトショップやイラストレータを使って作ることが多いのですが、お仕事で使わない限り高価なので、持っていなかったり。

それより、使い方が難しいんだよ。

なんて人も多いのも知っています。

Macユーザー限定ですが、Apple製のアプリだけでつくっちゃいます

まずは、Keynoteから

▼次のようにして、フツーにKeynoteの図形機能で好きな形を作ってしまいます。
KEYNOTE_1

 

▼そして出来たのがこれ
KEYNOTE_2
シンプルな、角丸の長方形

 

▼これにイラストを重ねてみます。今回はナースさん
ナース

KEYNOTE_4
ただ、重ねただけじゃ背景が白いのでこんなことになってしまいます。

 

▼そんなときは、イメージタブの中の「インスタントアルファ」で背景を消してしまいます。
KEYNOTE_3

 

▼綺麗に消えました
KEYNOTE_5
あとは整えると出来上がりです。

最後に[ファイル]→[書き出し]、イメージとして保存するでPNGファイルとして保存すればOK。

 

あとはプレビューを使います

さまざまなファイルを見ることができるというイメージですが、実は結構加工やファイル形式の変換なんかで凄く便利に使えるんですよ。
今回は、簡単な加工をしちゃいます。
プレビュー_1
▲これが、さっき作ったボタンで、プレビューで開いています。

 

ナースさんの背景は消しましたが、今度は大きな余白があって、そのままではボタンとして使えませんので、加工していきます。

▼まずは、余計な部分をけして切り取ってしまいます。
プレビュー_3
必要な部分を選択しておいて

プレビュー_4
切り取り。

プレビュー_6
すると程よいサイズ感になりますよね。

 

そしてKeynoteでやったのと同じように、選択ツールを使って、背景を選択して消してしまいます。
最後は、実際に使うサイズに調整して出来上がり。

▼サイズは、このツールを使って数字を入力して調整します。
プレビュー_7

 

実際やってみるとそんなんい難しい作業ではありませんよ。
問題点と言えば、これを作る度にKeynoteのファイルとイメージファイルの両方が残り、バックアップを兼ねて2つ残すことが多くなるくらいでしょうか。。。

フォトショップやイラストレータが無かったり、操作が苦手な方。
お試しあれ!です。

sponsored link





 

lineat

「この記事が気に入ったらLINE@で友だち追加をしよう!

合同会社うえせいやの最新情報をお知らせします。

友だち追加

うえせいイラスト

この「うえせいやブログ」は、合同会社うえせいやが運営する自社メディアです。
【運営している人】
うえせい
【本名】
上原誠司(合同会社うえせいや代表社員社長)
【お仕事】
◯WordPressを使ったホームページの制作
◯自社オウンドメディア運営
◯中小企業向けITサポート
 
【好きなこと】
トライアスロンと自転車とアウトドアをこよなく愛しています。

詳しくは、コチラ