「Contactform7」を使った、お問合せページの作り方【初心者向けWordPress講座】

Contact_form7

WordPressで、フォームを作るプラグインはたくさんありますが、その中でも最もポピュラーなプラグイン「Contactform7」を使って、お問合せページを作る方法をお教えしましょう。

sponsored link

まず「Contactform7」をインストールする

Contact_form7

プラグインのインストールについては、
欲しい機能を追加できる。プラグインのインストール方法【WordPress】
を参考にして、今回の記事のテーマである「Contactform7」をインストールしてから、有効化してください。

 

「Contactform7」の設定方法

新しいフォームを追加する

Contact_form追加
問合せや、オーダーフォームなど用途は様々です。
ひとつのWordPress内でいくつもフォームを用意することが可能ですので、新しいものを追加します。

contactform
追加して、そのままでも使えるようにごく簡単なものが設定された状態で追加されます。
ただし、このままでは足りない場合が多いので、項目を追加していきます。
このプラグインで設定することは
◯フォームの設定
◯入力されたフォームを送るメールの送り先とメールの内容なので、
項目追加
▲上のように、設定した項目からできるタグを、フォーム側とメール側にそれぞれドラッグ&ドロップします。

よくフォームに設置しただけで、メールの方への作業を忘れがちですが、メールの設定を忘れてしまうと、入力して頂いているのに、内容がわからなくなってしまいます。

設定したら自身のメールに届くかどうかをテストでやってみてくださいね。

 

うえせいもフォームの設置をしています

うえせいイラスト
当、うえせいWP.netのフォームは、とてもシンプルなものです。
実は、入力項目を今後のやりとりがスムーズに進むようにと親切で細かく設定していたのですが、必須項目以外のところを入力する人がほとんどいなかったことから、やめてしまいました。

これも、いろいろと試行錯誤しながら、そのサイトにあった形のものを作っていきましょうね。

では、テリマカシ

 

sponsored link

Contact_form7
lineat
「この記事が気に入ったらLINE@で友だち追加をしよう!
合同会社うえせいやの最新情報をお知らせします。

友だち追加
うえせいイラスト

「合同会社うえせいや」代表の「うえせい」こと上原誠司です。
 
弊社では、WordPressを専門で扱うホームページの制作を承っております。
月額管理料は0円な上、納品後のサボート費用は質問の回答だけであれば永年0円です。
 
お問合せは無料です。お気軽にご連絡ください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。