GARMIN(ガーミン)vivoactive3 Black Slate 開封・設定・外観レビュー

vivoactive3開封レビュー

2018年10月1日

GARMIN(ガーミン)vivoactive3 Black Slateを購入したので、ひとまず開封と外観、そしてスマホとの接続までをレビューします。

 

sponsored link

GARMIN(ガーミン)vivoactive3 Black Slate開封

vivoactive3箱
GARMIN(ガーミン)製品の箱は、いつもこんな感じのグレー(シルバー?)で、本体サイズと内容物を考えるとちょっと大きな箱に入っています。

vivoactive3箱側面

vivoactive3箱裏

 
vivoactive3箱を空けたところ
箱を開けるとさっそくvivoactive3が登場です。

ちなみにボクが買ったのは、vivoactive3 Black Slateというモデルで色が全体的に黒い感じのもの。
本来の価格は、Black Stainlessの方が安いのですが、なぜか同じくらいの価格になっていたので、こちらを選択。
※2018年9月25日現在

充電・データ転送ケーブル
あと説明書は保証書以外は、充電・データ転送ケーブルが入っているだけです。

 

GARMIN(ガーミン)vivoactive3 Black Slate外観レビュー

箱から出したvivoactive3

vivoactive3ボタン
1ボタンになってスッキリした印象になっています。
デジタル時計は操作の関係でボタンが4つくらいついているのが当たり前なのですが、タッチパネルを採用しているので、1つで用が足りるのでしょう。

vivoactive3 左側
ボタンと反対側には、スリットのようなものが入っていますが、ここもタッチ操作が可能になっていて、画面をスクロールさせるのに使います。

 
vivoactive3裏面
裏面についているのは端子。そして、光学式の心拍センサーです。
光学式心拍センサーの数は3つで、精度としては上位モデルと変わらないであろうことが予想されます。

また、前述のとおりで接続端子はfenix5Sapphireと同じタイプを採用しています。

uesei.png
うえせい

GARMIN(ガーミン)のGPS時計を、複数使う人は少ないかもしれませんが、この端子を統一してくれると、使う側からすると結構メリットがあるんです

 

スマホとの接続設定を開始

vivoactive3言語設定
電源を入れるのは、ひとつしかないボタンを長押しするだけです。

すぐに言語を聞いてくるので、もちろん日本語を選択。

uesei.png
うえせい

GARMINの日本語フォントはちょっとイマイチ美しくないので、英語の堪能な方は英語を選んだ方がかっこいいですよ

 
vivoactive3スマホとの接続開始
スマートフォンとのペアリングを開始。

 

最後に、vivoactive3に表示されたコードをスマートフォンに入力すれば完了です。

 
設定を転送vivoactive3
ボクの場合は、身長や体重、その他パーソナルなデータは、以前からGARMINデバイスを使っているので、登録されているデータがそのまま転送されていきます。

はじめてのGARMIN(ガーミン)GPS時計という方は、この時点で自分のデータをスマートフォンのGARMIN CONNECT」アプリに入力していくことになります。

 
GARMIN Pay
三菱UFJ銀行のデビッドカードを持っている(ボクはたまたま以前から持っていた)と、GARMIN CONNECTアプリに登録できるので、すぐさまGARMIN Payという電子マネー払いサービスを利用することができます。

GARMIN Pay

 
【関連記事】GARMIN Payがいよいよ日本でもサービス開始 GPSウォッチだけでトレーニングに出かけられる!?

【関連記事】「Garmin Pay(ガーミンペイ)」が全国のローソンで使えるようになっています

 

使用感などのレビュー記事は、これから執筆します

vivoactive3

ただ、ひとつだけ言えることは、ずっと使っているfenix5Sapphireと比較すると、すごく軽いので装着感はかなりいいです。

 

【最後に】GARMIN(ガーミン)のタッチパネルのモデルを存分に使ってみたい

結局うえせいはこう思う
ひとまず、届いたものを開封してスマートフォンとペアリングをしたところまでですが、これからトレーニングやレースで使ってみて、どんな感じなのか存分に試してみたいと思います。

ボクはトライアスロンといってもショート(51.5km)ばかりなので、バッテリー稼働時間も問題なしなんです。

使用感さえ良ければ、もしかしたらfenix5からメインの座が変わってしまう予感さえするvivoactive3です。

では、また。最後まで読んでくれてテリマカシ。

 
【関連記事】GARMIN(ガーミン)のGPSスマートウォッチのある生活

【関連記事】GARMIN(ガーミン)vivoactive3とfenix 5 Sapphire GPS時計2モデル徹底比較!!

【関連記事】GARMIN「fenix5 Sapphire」と「ForeAthlete935」の違い。購入の決め手はコレ!

GARMIN(ガーミン)のGPS時計選びで参考にして欲しい記事

sponsored link

   
うえせい写真

この「うえせいやブログ」は、合同会社うえせいやが運営する自社メディアです。
【運営している人】
うえせい
【本名】
上原誠司(合同会社うえせいや代表社員社長)
【お仕事】
◯WordPressを使ったホームページの制作
◯自社オウンドメディア運営
◯中小企業向けITサポート
【好きなこと】
トライアスロンと自転車とアウトドアをこよなく愛しています。
詳しくは、コチラ

 

sponsored link

LINE@
「この記事が気に入ったらLINE@で友だち追加をしよう!」

合同会社うえせいやの最新情報をお知らせします。

友だち追加