暗いところで振動を感知すると自動で発光する自転車用リアライト「CATEYE ラピッドマイクロオート」

cateye RAPID micro AUTO

2018年9月11日

朝からずっと雨が降っていて、仕方なく家で本を読んだりして静かに過ごしていた休日。

気づくと夕方で、そとを見ると晴れ間が見えています。

uesei.png
うえせい

自転車乗れるやん!

そして自転車に乗って出発すると、だいたいすぐ暗くなってくる。こんな時に役立つのが、自動で点灯してくれるリアのライトです。

 

sponsored link

CATEYE ラピッドマイクロオート

RAPIDマイクロオート

 

自動で点灯してくれるって、すごく幸せ

点灯
自転車に乗ってでかけると、帰りが遅くなってしまったり、意外と暗くなるのが早かったりすることもあるし、夜だけじゃなくて、昼間でもトンネルに入ることもあります。

前方を照らすライトは、ハンドルなどにつけていれば、手元でスイッチを押すこともできますが、リアの場合は一度止まってスイッチを押す必要がある。

boy.png
A さん

夜ならずっと付けてるからいいけど、トンネルなんかだと、またすぐ消さないと行けないから面倒

結構、面倒なので結局あまり点灯させなかったりするリアのライトですが、振動がある状態で暗くなると自動で点灯してくれます。

これなら、勝手に点灯してくれるので、自転車に装着しておくだけでいいんです。

 

いくつかの方法で自転車に取り付けられるようになっている

内容物
パッケージに同梱されているのはこれだけです。

CATEYE ラピッドマイクロオート本体、ブラケット、USBケーブル

 

ブラケットを装着していきます

▼アダプターのようなものをつけて
ブラケット

▼フレームに直接当たる部分にゴムで出来たパーツを装着
ゴムのパーツ

▼ホイールに固定するための輪ゴムのようなパーツをつける
輪ゴムのようなパーツ

これで、自転車フレームのシートステーなどに輪ゴムのようなパーツで固定するだけです。

ジャージのポケットや、バックパックなどにも装着可能

レックマウントを使うと、クイックリリースにも付けられる

 

 

充電はMicroUSB

充電はMicroUSB
リチウムイオン電池が内蔵されているので、別途電池を用意する必要がなく、スマホを充電する要領で充電するだけで大丈夫です。

 

自動で点灯するようにしてると、ちょっと困ることがある

私の家では、自転車を自宅の壁にバイクハンガーをつけて引っ掛けているのですが、歩いているときに、ちょっと当たると付いてしまいます。

ちょっと待てば消えるのですが、夜で電気を消していると、家の中が赤いライトに照らされて真っ赤になってしまいます。

リビングに自転車があるので特に問題ではないですが、寝室だったりすると、ちょっとの間うっとおしいですよね

uesei.png
うえせい

自宅に置いているときは、マニュアルモードにしておけばいいのですが、忘れるんですよね

 

【まとめ】昼間でもトンネルなどで暗くなることもある。リアライトは必須!

結局うえせいはこう思う
これを装着したから、快適になったり速くなったりするようなものではありませんが、暗くなったときに自分の位置を知らせ、安全に自転車にのるためには、必須のパーツです。

  • 自分でスイッチを幼くても点灯してくれる
  • 充電できるので電池を用意しなくていい

この2点、すごく気に入ってますし、誰しもにオススメできます。

では、また。最後まで読んでくれてテリマカシ。

【関連記事】GPSウォッチ「fenix5 Sapphire」がサイクルコンピュータに レックマウントを使って自転車に装着!

【関連記事】クロモリフレームの自転車が、街乗り仕様で復活しました

【関連記事】R250の「防水スマートライドポーチ」で、ロードバイクに乗るときの財布問題が解決!

sponsored link

   
うえせい写真
SNSフォロー

この「うえせいやブログ」は、合同会社うえせいやが運営する自社メディアです。
【運営している人】
うえせい
【本名】
上原誠司(合同会社うえせいや代表社員社長)
【お仕事】
◯WordPressを使ったホームページの制作
◯自社オウンドメディア運営
◯中小企業向けITサポート
【好きなこと】
トライアスロンと自転車とアウトドアをこよなく愛しています。
詳しくは、コチラ

 

sponsored link

LINE@
「この記事が気に入ったらLINE@で友だち追加をしよう!」

合同会社うえせいやの最新情報をお知らせします。

友だち追加