カメラ初心者がいきなりイケてる写真を撮るための4つのサイクル

カメラがいきなり上達する方法

子どもができたときに、初めて1眼レフカメラを買って、ブログを始めてからたくさん撮るようになったのですが、カメラのことは簡単にHAWTO本で読んだくらいで、ちゃんと教えてもらったことはありませんでした。

uesei.png
うえせい

運動ばかりしてるようですが、一応ブログ書いてるので、カメラも結構好きなんですよ

たまたま機会があって、きちんと教えてもらうことができた上に、初心者はコレだけできていればいきなり上達するというサイクルを教えてもらったので、備忘録とともに公開しておきますね。

 

sponsored link

写真がうまくなる4つのサイクル

関空

1.イメージ(ゴール)を明確に決める

撮りたい写真のイメージを決める。
※イメージが沸かないかも知れないが、そもそもなぜその被写体を撮ろうと思ったのかを考えると、「かわいいから」「美しいから」「かっこいいから」などなど、理由があるはずで、それがイメージになる。

2.光を選ぶ

イメージに近づけるために一番大切なのは光。

明るさは、好みの明るさに露出補正を使って自分で調整する。

また、光は向きが大切で次の特徴がある。

  • 順光 ・・・ カチッとしたイメージになるが、使用する必要なし
  • 逆光 ・・・ 女性や子どもを撮る時に最適。やわらかいイメージになる(屋外で撮るときは、被写体を日陰に入れると必ず逆光になる)
  • 半逆光 ・・ 料理・スイーツを撮る時は、これで決まり。美味しく写せる
  • サイド光 ・ 半分影になり、陰影がハッキリして立体的見える。かっこよく撮りたい時に最適

 

3.写真に余計なものを入れない

撮った写真をモニターで確認して、要らないものが写っていたら、可能な場合は撮りなおす習慣をつける

 

4.自分の決めたゴールに近づくまで何度も撮る

何度でも、撮ったらモニターで自分の撮りたいイメージに近づくまで

uesei.png
うえせい

ココはデジタルのいいところ!フィルムではできないことですよね

 

モードの設定については、AUTOやPモードは使わない

モードダイヤル

使うモードは「Aモード」と「Sモード」だけにしておく!

uesei.png
うえせい

なれてきたら、Mモードなんかも使うといい

Aモード(絞り優先モード)

  • 絞り以外は、カメラにお任せするときに使う
  • 絞りは、難しく考えなくていいから、「ぼかすか、ぼかさないか」という意味だと思っていい
  • ぼかしたいなら、F値は極力小さく、ピントをあわせたいなら、F値は8.0以上に設定する

 

S(メーカーによってはTV)モード(シャッタースピード優先モード)

ブレないようにするためのモード(わざとブレさせるために使うこともある)

  • 被写体をブレないように撮りたいなら、動かない被写体でも、1/30
  • ゆっくり動いている被写体を撮るなら1/60
  • 速くごいているなら1/125以上で、被写体の動く速さによって考える

 

色は自分で決める

パステルカラーの女性
写真の色をカメラに決めさせない。

つまり、ホワイトバランスをオートにしないで自分で決めるということ。

カメラは、なにか考えているのではなく、基本的には光源(太陽や電球や蛍光灯)を白にすることで、他の色を調整しています。

電球の暖かさを出したい、夏の爽やかなイメージを色で表現したい。

そういうイメージがあるはずなので、そこをカメラ任せにしては、写真が凡庸なものになってしまい、自分のイメージを表現できません。

色は必ず自分で決めることが大切です。

ちなみに、ホワイトバランスで使うのは「太陽マーク」と「電球マーク」の2つだけ。
あとは、そのモード自体の詳細設定を行えば、自分の好みの色を出せますよ!

この部分は、メーカーやカメラによって異なるので、わからない方はカメラの説明書を読んでくださいね!

 

uesei.png
うえせい

構図は、考えなくていいの?

boy.png
先生

そんなこと考えてるから上達しないんだよ。たくさん構図を変えて撮って気に入ったものを残せばいいんだから考えなくていいよ。

 

【まとめ】ひとまず初心者が難しく考える必要はないということ

結局うえせいはこう思う
撮りたいイメージをできる限り明確にして、撮りたいもの以外を入れないようにして、明るさ光の向きを変え、イメージに近づくまで何度も撮る。

ひとまずこれだけで、かなりいい写真が撮れるようです。

カメラについて詳しい人からしたら、

boy.png
カメラ玄人

何言ってるの、こいつ?

的な内容かも知れませんが、難しく考えるより、デジタルだしちょっとだけでもいいから、意識しながらたくさんシャッターを切ることが大切だと思います。

では、また。最後まで読んでくれてテリマカシ。

▼ボクが使っているカメラ

【関連記事】OLYMPUSのカメラ、改めて見てもブレてないから、カッコいい

【関連記事】カメラのエフェクトをハイキーにして撮ったら、ミナミの街が新鮮に見えた

【関連記事】カメラは持ち歩いて、使ってなんぼ! 「OLYMPUS PEN E-P5」買っちゃった。

sponsored link

   
うえせい写真
SNSフォロー

この「うえせいやブログ」は、合同会社うえせいやが運営する自社メディアです。
【運営している人】
うえせい
【本名】
上原誠司(合同会社うえせいや代表社員社長)
【お仕事】
◯WordPressを使ったホームページの制作
◯自社オウンドメディア運営
◯中小企業向けITサポート
【好きなこと】
トライアスロンと自転車とアウトドアをこよなく愛しています。
詳しくは、コチラ

 

sponsored link

LINE@
「この記事が気に入ったらLINE@で友だち追加をしよう!」

合同会社うえせいやの最新情報をお知らせします。

友だち追加