大阪せんなんアクアスロン大会出場レポート 1週間の気になったニュース【2018.5.28〜】

大阪せんなんアクアスロン大会アイキャッチ

トライアスロン好きで、ときどきアウトドアで仕事するWEB屋さんのうえせい(@charin_co)です。

2018年6月3日(日)に、大阪府泉南市にある樽井サザンビーチで開催されました「大阪せんなんアクアスロン大会2018」に出場してきました。

2018年のトライアスロンシーズン初のレースになります。
まったく初めてで、前情報なくエントリーしたレースでしたが、開催地が我が家からクルマで1時間もかからないこととから、これから始まるトライアスロンシーズンの予行演習的なイメージでエントリーしました。

どんな感じのレースだったか、紹介させてもらいます。

uesei.png
うえせい

先週は家庭の事情で、あまり練習できなかったので、毎週掲載しているトレーニング記録は、おやすみしますね!

sponsored link

大阪せんなんアクアスロン大会

コースなどレース情報

開催日
2018年6月3日(日)

開催場所
大阪府泉南市の「樽井サザンビーチ」

大会区分
1.ショートの部 スイム0.5km ランニング 5km
2.ロングの部 スイム1.5km ランニング 10km
3.アスロンリレーの部 スイム1.5km ・ラン10km
4.スイムの部 スイム1.5km

uesei.png
うえせい

ボクはロングの部に出場しました〜

 
イオンりんくう泉南という、かなり大きなショッピングセンターのすぐ近くで、ランではすぐ前の「マーブルビーチ」という玉砂利のビーチの道を走りました。

 

ボクうえせいのエントリーから、ゴールまで

樽井サザンビーチ駐車場
余裕を持って出発したので、エントリー開始から30分以上前に樽井サザンビーチに到着。
ヤシの木があったり、砂が白かったりもするので、写真だけ見ると南国のビーチのようにも見えます。

uesei.png
うえせい

そうは言っても、泉州なんですけどね!

大阪せんなんアクアスロン大会準備中
まだ、準備中のトランジションエリアまでの通路です。
かなりいいお天気で、この時点からテンションがあがってきました。

 
本部ブースでのエントリー
本部ブースでエントリーするのですが、ボクの登録番号がなく、かなり待つことになりました。

どうやら、まるまる数ページ抜けがあったようで、そこにボクの番号が含まれていたため、登録番号が無かったようです。

uesei.png
うえせい

エントリーできていて、良かったです

ゼッケン番号471
ちなみに今回のボクのゼッケンNoは471でした。

ここから全員でビーチクリーン活動、開会式、そしてレーススタートという流れ。

ショートの部からスタートして、そこから1時間くらいしてロングの部がスタート。
その時間を利用して、アップをします。

uesei.png
うえせい

このため、この間の写真はありません

レーススタート

この日は、天気は晴天で非常に気持ちよかったのですが、うねりもあり流れもありという海況で、なかなかスイムは苦労しました。

なんせまっすぐ泳げないし、かなりストロークをしっかり、かつ大きくしないとなかなか進みませんでした。

uesei.png
うえせい

おかげで、スイムのタイムはかなりイマイチ・・・

スイムから上がったところ
やっと、スイム終わって、トランジションエリアに行くまでの通路です。

30分以上ずっと水中で泳いだあと、ビーチに戻ってくると立ち上がって走るのがイマイチうまくできなくて、いつも変な走り方になります。

 
大阪せんなんアクアスロンのランニングパート
ランは、樽井サザンビーチからイオンりんくう泉南の前にあるマーブルビーチまでの往復2.5kmを4周回します。

天気も良いし、ずっと海岸線でキレイなビーチと関空連絡橋を眺めて走るので、結構気持ちいいコースでした。

uesei.png
うえせい

願わくば、もう少し長いコースで2周回くらいだと飽きなくていいんですけどね

大阪せんなんアクアスロン大会 ゴール

ということで、ゴール!

ゴールでは、カメラマンが写真を撮ってくれるので、ちゃんとゴーグルだけは取るようにしています。

 

【まとめ】大阪や和歌山に住んでいる方なら、お手軽に参加できるのでおすすめ!

大阪だと、大阪城トライアスロンを除いて、あまり近くで行われることの少ないトライアスロン。

自転車パートは無いにしても、前日移動する必要も無いし、すごくお手軽に参加できる大会だし、ランのコースは完全フラットだし、とても気軽に楽しく参加できる大会だと思いました。

ただ、残念だったのは、地方の大会なんかでは、近隣の人たちが沿道で暖かく応援をしてくれたりするものですが、それは無いどころか、爆音で音楽をかけてたり、ランニングコースの途中でテントを張ったりしながらバーベキューをしたりする方たちがいて、どちらかと言うと出場者たちを邪魔者扱いしているように感じられたところです。

別に、声援が欲しいわけではありませんが、大会に参加するために様々な地域から人が集まっているわけですから、温かい目で見て欲しいなぁと思いました。

 

大阪せんなんアクアスロン大会を、GARMINで見る

距離は11.85kmで、スイムを上がったあとのトランジションエリアまでの道が含まれているのと、コース自体の若干の誤差によるものだと思います。

また、ゴールしてからGPSウォッチ「GARMIN fenix5 Sapphire」のストップボタンを押すのを忘れていたのもあって、少しタイムもおかしいです。

しかし、ひとつのGPSのウォッチできちんとマルチスポーツのログをトランジションも含めて記録できるのだから、ものすごく便利ですよね。

 

うえせいの気になった記事

 

ハイエースの歴史がわかる!

どうやら、新型のハイエースが2019年に予定されているようですね。

ボクは現行の200系ハイエースよりひとつ前の100系の方が好きで、程度の良い中古を探しまくって買ったのが、今のボクの愛車のハイエース。

そのハイエースの歴史が簡単にわかる記事がありました。

 

「narifuri(ナリフリ)」から、オニツカタイガーコラボのスニーカーが登場

高耐久素材CORDURA®︎を使って耐久性を備えつつ、自転車乗車時のチェーンとの接触を考慮し、敢えてオニツカタイガーストライプを外側のみにするなどの工夫がたくさんされています。

その中でも、ペダルを踏んだ時に当たる部分を、高硬度の”ハードEVA”に切り替え、自転車乗車時でもしっかりと踏み込める仕様にしてあるところが、自転車乗りにはとても嬉しい。

値段も14,000円と手頃なので、欲しい人はお早めに!

では、また。最後まで読んでくれてテリマカシ。

sponsored link

   
うえせい写真
SNSフォロー

この「うえせいやブログ」は、合同会社うえせいやが運営する自社メディアです。
【運営している人】
うえせい
【本名】
上原誠司(合同会社うえせいや代表社員社長)
【お仕事】
◯WordPressを使ったホームページの制作
◯自社オウンドメディア運営
◯中小企業向けITサポート
【好きなこと】
トライアスロンと自転車とアウトドアをこよなく愛しています。
詳しくは、コチラ

 

sponsored link

LINE@
「この記事が気に入ったらLINE@で友だち追加をしよう!」

合同会社うえせいやの最新情報をお知らせします。

友だち追加