【2018年6月1日で5周年】独立して丸5年たった今だから思う、フリーランスや法人代表になるということ

独立して5年が経ちました

30歳からトライアスロンをスタートして、その魅力にハマりマイペースに続けている、アウトドア料理も得意なWEB屋さんの、うえせい(@charin_co)です。

2018年6月1日で、会社を辞め独立してから、ちょうど丸5年になりました。5年前の今日、なんの準備もせずまったく収入のあてもありませんでした。

uesei.png
うえせい

どうしようもなくなったら、またどこかに就職したらいいや〜

このように気楽に考えてスタートしましたが、不安がまったく無かったかと言えば、ありましたね。だって、家族もいましたし。。。

よくそんな感じで、独立しようと思ったもんですよね。我ながら感心します。

5年と言えば、ひとつの区切り。

この5年で、ボクが思っていることをを書いておこうと思います。

uesei.png
うえせい

この先10年目まで続けることができていたら、全然違うことを思っているかも知れないから・・・

 

sponsored link

独立したと言えば、聞こえはいいが、辞めさせられてます

ボクの周りには、準備万端で資金も自分の状況も、そしてそれまで働いていた職場にも迷惑をかけない形でそれまでのキャリアを活かしながら、独立して頑張っている人たちがたくさんいます。

ボクも5年もやってるので、そんな感じなのだと思われがちですが、実は違ってて、決算の1ヶ月前になって、

oyaji.png
当時の上司

来期は、必要ないからもう来なくていい

と言われて、5月末日に退職をしています。

 

なぜ、再就職をしないで起業することにしたのか?というと・・・

ネオコントラストレンズのうえせい

特に、一大決心をしたとかいうことではありませんでした。

  • もともと20代、30代でそれぞれ1回ずつ起業したことがあって(その2回とも失敗してるんですけどね)、自分にとってハードルが低かったこと。
  • そして、本来は独立するようなタイミングではないのでしょうけど、その時すでに年齢が40歳を超えており、年齢的にも再就職をすると収入が激減することが分かっていたこと。

こんな理由から、起業する道を選んだのですが、なんせなにも準備をしていなかったし、そもそも、それまで働いていた広告代理店の業務が、先細りなのはわかったいたことから、それを活かしてということも考えられませんでした。

自分にできること・・・というのを突き詰めていった結果、WEBで食っていこうということに。

uesei.png
うえせい

そこから、必死で勉強しました

同時に、人脈が必要だとも考えて、さまざまな交流会や、地元のボランティア活動に参加したりもしました。

 

一ヶ月の収入が5,000円だったこともあった

5000円札

おかげさまで、半年ほどで、少しずつ受注できるようになりましたが、一ヶ月5,000円だったときは正直ビビりました。

 

サラリーマンが羨ましいと思うことは今でも頻繁にある

昼寝するサラリーマン

一ヶ月間、必死に働いて、収入が5,000円。サラリーマンではありえないですよね。

たまに、コンビニで見かけるんですが、駐車場に停めて昼寝している方いますよね。運転で事故しないために仮眠を取っているだけなのかも知れませんが、やはりその時間もちゃんと働いていることになっていて、給料日になるとちゃんと支給されるんですから羨ましい限り。

uesei.png
うえせい

実は、いまだって、単月で見ると赤字の月も、もちろんあります。

 

5年たったいま、一応生活できるだけの収入はある

▼旅行にだって行ける
しまなみ海道

いまだに一人で仕事していますが、法人にして3期目になり、会社から給料を自分に支払う形で個人の収入があります。
会社の売上は、いまだにジェットコースターですが、自分への給料はちゃんと支払えているので、まあアリなのかなと思っています。

フリーランスや自営業って、この先どうなるかという不安や期待を楽しめるかどうかが、長く続けるための秘訣。
急降下することもあれば、その逆だってあるわけですからね。

それでも一応生活ができていれば、それでいいんじゃないでしょうか。

 

フリーランスや法人の代表として食っていくということ

バックパッカーウクレレ
なんだか、今までを振り返ってすごく大変で歯を食いしばって、頑張ってきたというストーリーを語りたかったのですが、特にそんなこともありません。

ここまでやってきて思うことは、インターネットなどで、情報を集めるのも、発信するのも簡単にできるこのご時世、そんなに構えなくても、誰にでもできるということ。

収入が安定しないだけで、それほどハードルの高いものではないと思っています。

 

それでも、楽な生き方ではない

imac

誰でもできるものですし、自分思うようにやれるということは、正直楽しいです。

しかし、いままで分業で誰かがしていたことを、自分でしないといけなくなるし、今やっていること、これからやって行こうと思っていることが、正しいのかどうか自分以外は、誰も判断してくれなくなります。

仲間や友達はいても、とんでもなく孤独感を感じることが多い。

仕事をしている時もしていない時も、誰にも共有できない仕事のことが、ずっと頭の中のどこかにある生活が続くのだと思ってもらえるといいです。

uesei.png
うえせい

求人で、社長を募集していたら・・・
固定給 :なし
残 業 :無制限にあり
社会保険:なし
休 日 :不定
有給休暇:なし

こんな誰も応募しないようなことをしているのだから、仕方ないですよね。

 
だからこそ、できることじゃなくて、儲かるからでもなくて、お金払ってでもやっていたいことをする方がいいんです。

 

【最後に】なんだかんだ言っても、5年続けることができました。ありがとうございます。

結局うえせいはこう思う
5年続けることができたのは、このブログを読んでくれている方たち、いままだ私に仕事を発注してくださったお客様、そしてうちの会社を支えてくれている協力業者さん。
みなさまのおかげしかありません。

まだ、これから新しいことにもチャレンジしていきます。

今後とも、よろしくお願いします。

sponsored link

   
うえせい写真
SNSフォロー

この「うえせいやブログ」は、合同会社うえせいやが運営する自社メディアです。
【運営している人】
うえせい
【本名】
上原誠司(合同会社うえせいや代表社員社長)
【お仕事】
◯WordPressを使ったホームページの制作
◯自社オウンドメディア運営
◯中小企業向けITサポート
【好きなこと】
トライアスロンと自転車とアウトドアをこよなく愛しています。
詳しくは、コチラ

 

sponsored link

LINE@
「この記事が気に入ったらLINE@で友だち追加をしよう!」

合同会社うえせいやの最新情報をお知らせします。

友だち追加