「SHIMANO RC7 WIDE」購入! 足の幅広さんのサイクリングシューズは、やっぱりシマノだった。

シマノRC7

トライアスロン好きで、ときどきアウトドアで仕事するWEB屋さんのうえせい(@charin_co)です。

数ヶ月前に、幅広さんでも大丈夫だろうと購入した「Fizik(フィジーク) R4B UOMO BOA」ですが、試し履きでは問題なかったものの、ロングライドで痛みが出てしまっていました。

馴染んでくるかと思いしばらく履いてしましたが、なかなか慣れませんでした。

トライアスロンのレースのシーズンも近いことから、やはり日本人には日本のメーカーということでシマノの中から、ワイドモデルに絞って「RC7」を購入しましたので、ご紹介します。

 

sponsored link

SHIMANO RC7

SHIMANO RC7

色に関しては、ホワイトとレッドから選べました。
バイクのカラーがエンジに近いダークなピンクのため、迷わずレッドにしました。

重量に関してもかなり軽く、上位モデルのRC9とほとんど差はありません。

かかと部分の「RC7」のプリントが、かなり目立ちます。
RC7 かかと

WIDEのプリントが、ベロの先端にあります。
WIDEのプリント

BOAシステムは必須アイテム!

BOAシステム

ベゼルをカリカリと回転させるだけで、靴の締め付けの調節が可能!
信号待ちなどのタイミングで片手で簡単に調節ができるのは、とてもありがたいのです。

ロングライドなどに出かけると、朝出て平気で夕方まで走っています。

足がむくんできたりしますので、 BOAシステムの有無は、僕の中で重要なポイントでした。

 
上位モデルRC9と違って、つま先部分だけはベルクロです。
RC7 つま先のベルクロ

上位モデルのRC7の場合はBOAシステムが2箇所あり、それで前後ともに調整が可能なのですが、中級グレードであるこのモデルではつま先部分については、ベルクロで調整します。

 

Fizik(フィジーク) R4B UOMO BOAとの比較

フィジークとの比較

さすがに幅広モデルを購入しただけあって、幅の感じが全然違います。

SHIMANOのRC7のほうが、前端部分がまるーくなっていて、シャープ感がないですよね。

幅に関しても一目瞭然で違います。

 

【まとめ】足幅が広いと、バイクシューズは、やっぱりシマノ

結局うえせいはこう思う
幅広といっても、程度があるようですが、ボクの場合はシマノ一択なようです。

質感や全体的なデザインに関しては、シンプルなフィジークが良いのですが、やはりスポーツ用品ですから、自分にあった機能性が一番ですよね。

uesei.png
うえせい

昔から、シマノとモンベルは機能性は最高なんだけど、デザインがイマイチって言われてましたよね

boy.png
A さん

とは言え、それもかなり良くなってきていますよね!

本来トライアスリートのボクは、トライアスロンモデル(スイムあとでも、水はけが良かったり、ベルクロが内外逆だったりの違いがある)を購入すべきなのですが、幅広モデルが無く、試し履きでは大丈夫そうだったのですが、安全策で、このRC7を買いました。

ボクと同じように、足幅が広くて、バイクシューズで悩んでいる方は、相当広めのモデルなので、オススメですよ。

では、また。最後まで読んでくれてテリマカシ。

 
【関連記事】泉南アクアスロンまで、あと半月! うえせいの1週間のトレーニング記録と気になるニュース【2018.5.14〜】

【関連記事】DHバーには、バーテープではなくグリップを装着「プロファイルデザインのエアログリップ」

【関連記事】R250の「防水スマートライドポーチ」で、ロードバイクに乗るときの財布問題が解決!

sponsored link

   
うえせい写真
SNSフォロー

この「うえせいやブログ」は、合同会社うえせいやが運営する自社メディアです。
【運営している人】
うえせい
【本名】
上原誠司(合同会社うえせいや代表社員社長)
【お仕事】
◯WordPressを使ったホームページの制作
◯自社オウンドメディア運営
◯中小企業向けITサポート
【好きなこと】
トライアスロンと自転車とアウトドアをこよなく愛しています。
詳しくは、コチラ

 

sponsored link

LINE@
「この記事が気に入ったらLINE@で友だち追加をしよう!」

合同会社うえせいやの最新情報をお知らせします。

友だち追加