GRⅢっていうのかな? ボクが新型のGRに望むことと、2018年GW現在の動向と噂まとめ

NEW GR

2018年5月6日

トライアスロン好きで、ときどきアウトドアで仕事するWEB屋さんのうえせい(@charin_co)です。

このブログに掲載している写真ですが、最近はその多くをRICOHのGRⅡというカメラで撮影しています。

ロードバイクに乗る時に、サイクルジャージの背中のバックポケットにすっぽり入って、ダンシング(立ちこぎ)しても、ポケットの中での揺れが気にならないくらいの重さという視点で選んだカメラなんですが、そのコンパクトで軽量なボディから想像できないほどの写真が撮れることから、すっかりGRⅡばかりを使うようになっています。

最近、そのGRⅡも発売されてから3年以上経ち、新型(GRⅢっていう名前になるのかな?)についての噂や動向があるようになってきました。

どこかで、RICOHさんに届かないかなぁと思いつつ、ボクが次に発売される新型GRに望むこと、2018年5月現在の噂や動向をまとめました。

 

sponsored link

ボクうえせいが、新型GRに望むこと

ボディの大きさはGRⅡより大きくしないで欲しい

うえせいが手に持ったGRⅡ

フルサイズセンサーを搭載するという噂があります。
フルサイズセンサーになったと考えると、どう考えてもサイズ的に大きくならざるを得ません。

ボクの場合、ロードバイクで出かける時にサイクルジャージのポケットに入れたいということが大前提としてあるので、大きく重くなることは、たとえセンサーサイズが大きくなり、撮れる写真のクオリティが上がったとしても、持ち歩けなければ写真を撮りようがありません。

センサーサイズは同じAPS-Cで良いので、ぜひボディサイズと重量は据え置きでお願いしたいと思います。

 

防塵防滴仕様がいいなぁ

OLYMPUS OM-D EM-1
▲防塵防滴仕様のOLYMPUS OM-D EM-1

実は、ロードバイクに乗る時のサイクルジャージのバックポケットの中は、かなり湿っています。

気持ち悪い話ですが、ボクの汗でかなり濡れるのです。

uesei.png
うえせい

もちろん運動してますからね

春〜秋にかけては、GRⅡをサイクルジャージのバックポケットに入れて出かけるときは、ビニール袋などに入れて、汗で濡れないようにしています。

しかしビニール袋から出して撮影するということは、レンズキャップを外す手間もなく、ボタン1つで起動してサッと撮影できるというメリットが完全に無駄。

使わない時には、ボディ内に収納される沈胴式のレンズは、レンズ部分の出っ張りがなくなって、カメラをポケットに入れる時なんかには、とても良いのですが、ホコリが入り込みやすくなることから、多少出っ張りがあってもよいので、沈胴式を廃止してもいいから代わりに防塵防滴仕様にしてもらえたら嬉しいです。

タッチ操作ができるディスプレイ

タッチディスプレイ風に撮った写真

最近のカメラはディスプレイに直接タッチして操作できるようになっているものが多いです。

もちろん、GRⅡの物理ボタンは、何世代も続いているGRシリーズだけあって、改良が続けられてきたのか、とても使いやすい。

ただ、タッチ操作ができるとピント合わせなどの操作が直感的に行えることから、できれば搭載してほしいところ。

ほんとは、バリアングルにしてもらって、自撮りができるようになると、もっと嬉しいのですが、これは、ヒンジの機能など明らかにボディを大きくする要素しかないため、無くてもいいかなぁと思っています。

 

GRに関する動向(随時更新)

 

RICOH GR official Facebookページスタート

まず最初にFacebookページがスタートしています。

再始動という投稿から始まっているだけに、新機種が出ることを想像されられます。

 

RICOH GR official Instagramスタート!


日本では大流行りのInstagram。
カメラ、写真を扱っている以上、公式のアカウントができるのは必然でしょうね。

GRを使っているカメラマンの作品などが掲載されています。

 

GR meet開催

 

GR公式サイト(GR Official)オープン

2015年に突然閉鎖になった「GR BLOG」ですが、「GR Official」として再スタートしています。

2018年現在、ほとんどコンテンツはありませんが、GRユーザーとしては、これからチェックしたいコンテンツです。

出る出るとの噂

フルサイズセンサーが搭載されるという噂

フルサイズセンサーが搭載されるという噂もチラチラ出てるようですね。

それと、RICOHブランドを廃止してPENTAXに全面移行するようですね。

 

uesei.png
うえせい

2018年の1月くらいに、フルサイズ化の話題が良く出ていました

【まとめ】どうやら動きも活発になってきてるし、そろそろ新型が出てもおかしくない状況だと思う

結局うえせいはこう思う
子どもが生まれた時に買ったCanon EOS kissからスタートして、数台カメラを買い替えて使ってきましたが、GRが一番ボクの中でしっくりくるカメラでした。

そのRICOH GRの新型なら、とっても欲しいのですが、ここ最近デジカメは高価格化しているようなので、GRもかなりの性能アップをして高価格になる可能性はあると思っています。

このため、カメラの軍資金は新しいGRの発表まで、置いておこうと思います。

では、また。最後まで読んでくれてテリマカシ。

【関連記事】GRⅡにソフトフィルターを付けてみた。尾道で撮った写真は全部ふんわり | ホームページ制作の合同会社うえせいや

【関連記事】四角いフードがGRⅡにマッチ! 「ユーエヌスクエアフード49mm」 | ホームページ制作の合同会社うえせいや

【関連記事】カメラのエフェクトをハイキーにして撮ったら、ミナミの街が新鮮に見えた | ホームページ制作の合同会社うえせいや

sponsored link

   
うえせい写真
SNSフォロー

この「うえせいやブログ」は、合同会社うえせいやが運営する自社メディアです。
【運営している人】
うえせい
【本名】
上原誠司(合同会社うえせいや代表社員社長)
【お仕事】
◯WordPressを使ったホームページの制作
◯自社オウンドメディア運営
◯中小企業向けITサポート
【好きなこと】
トライアスロンと自転車とアウトドアをこよなく愛しています。
詳しくは、コチラ

 

sponsored link

LINE@
「この記事が気に入ったらLINE@で友だち追加をしよう!」

合同会社うえせいやの最新情報をお知らせします。

友だち追加