トライアスリートの財布選びは、困難を極める! その理由と選ぶポイント

トライアスリートの財布選び

ヘルニアを患って、ずっと休んでいたトライアスロンを再開して、トレーニングを継続できるようになりました。
そこで、いま困っているのが、常に持ち歩く財布。

トレーニングのときと普段使う財布を使い分けをする人も多いようですが、ボクはものぐさなのか、それはとても面倒に思えるし、だいたい入れ替えると忘れ物の原因をひとつ増やすことにもなるので、分けたくないというのが正直なところ。

では、ボクがトライアスロンのトレーニングをする上でどんなところをポイントに置いて、財布を検討しているのかと、どんな財布を候補にしているのかを、ご紹介させてもらいますね。

 

sponsored link

まず最初に、いま使っている財布

ichiでオーダーしたマネークリップと、チャムスのエコキーコインケース

今は札入れとしてのマネークリップと、小銭入れとキーホルダーを兼ねたキーコインケースとの2つ持ちです。

▼ichiのマネークリップ
ichiでオーダーしたマネーククリップ

▼チャムスのエコキーコインケース
チャムスのエココインケース

そして、長い時間走ったり自転車に乗る時などは、マネークリップからある程度のお札を抜いて小銭入れに入れるという形で使っていますが、小銭入れにお札を入れっぱなしししてたり、お札を持って出るのを忘れたりするというのが難点で、結局はなんだかんだ言っても財布は一つになってる方が便利なようです。

 

ボクがトライアスロンのトレーニングをする上で常に持って出るための選ぶポイント

小さい財布というのは必須

トレーニングに財布を持っていくとなると、その大きさや形状はとても重要なってきます。

例えば、とても小さいのに分厚いと、ポケットに時に膨らんでしまい、結果的にランニングだと上下に揺れて使うことがイヤになります。

もちろん、厚いより極力薄い方がいいので、お札、小銭、クレジットカードが全て入っても薄いものが理想です。
 

 

小銭入れと札入れのように、財布を分けない

札入れと小銭入れを分けるといのは、それなりにメリットはあるのですが、単純に2つになるとそれだけ体積が増えるのも事実。
自転車の時は、サイクルジャージにポケットはたくさんあるし、バイクの方にもフレームバックなどを付ければなんとかなりますが、ランニングのときは、できるだけものは増やしたくないので、財布は一つの方が嬉しいのです。

 

カギも一緒に入れておきたい

特にランニング時は、1時間〜2時間で帰ってくることが多く、家族が家にいると、ついカギを持っていくのを忘れることがあります。
そんなときは、温まったカラダが冷えて辛い思いをする可能性があるので、できればカギが一緒になっている方が助かるのです。

 

あまり安っぽいのは避けたい

当初、チャムスのナイロン素材のコインケースは、あくまでコインケースという位置づけで使い始めたのですが、カードを入れられること、そして、現金をあまり使わないという生活スタイルから、どっちかというと、ほとんどこのコインケースを使うことになってしまっています。

カバンやポケットから、このコインケースを出すことになるのですが、もうボクも40歳代なかばです。

チャムスの質が悪いというわけではありませんが、もう少し落ち着いたものを使いたいと思っています。

 

この際、風水は気にしない

風水的に言うと、長財布の方がよいとか、小銭は別の方がいいとか、いろいろありますが、気にしないことにしました。

ランニングや自転車に乗ったりするときに、「長財布」であることや、「小銭入れを別に持つ」ということ双方ともに、非常にめんどくさいのです。

それに、風水の本場である中国の人は財布を持たないようで、そもそも気にする必要があるのかすら疑問なような気がするので・・・

トライアスリートのボクがいま候補にして悩んでいるのは次の財布

ベルロイオールコンディションズウォレット

Bellroy 小銭入れ
これのサイズの大きいのを持っているのですが、防水な上に革というのはアウトドアオヤジとしては嬉しいポイントなんですが、ちょっと大きかった感じあり、じつはあまり使っていません。

小さいのが欲しい気がするのですが、お札の入れかたが無理矢理感があって、そこが悩みどころです。

 

チャムス エコマルチウォレット

チャムス エコマルチウォレット

素材以外のことを考えると、こればベスト!
いま使っているコインケースのサイズが大きくなったバージョン。

お札も無理なく入り、カギもカードも入るので、考えられるポイントはすべて満たしてくれています。

ただ、素材感を気にしているのと、サイズが少し大きくなるので、そこがちょっと気になるポイントです。

 

小さい財布 abrAsus(アブラサス)

小さい財布 abrAsus(アブラサス)
カード+αくらいの大きさなのに、お札、小銭、カードがはいる構造になっているので、ボクの考えているポイントはだいたい満たしています。

カギも専用ではないにしても、ハトメがついていて、そこにカギをつけることもできるようです。
カギ専用ではないところは、多少気になりますが、革製品というくくりだと、これが最有力ではないかと思っています。

 

ifyouhave Wallet 2 Custom

ifyouhave Wallet 2 Custom
出典:if you haveオンラインストア

ボクが考えているポイントはすべて満たしている上に、サイズもかなり小さいことから、かなり気持ちが傾いています。

素材としては高級感はないものの、逆にアウトドアにこだわりました感があって、それはそれでいいような気がしています。

ただし、ハンドメイドで作っておられるようで、発売するとすぐに売れてしまうという人気商品。

いつ買えるか分からないとうのが、唯一気になるところくらいです。

 

【まとめ】まだ悩んでいる感じですが、再入荷の連絡を待ってifyouhaveの財布を買おうと思っています。

結局うえせいはこう思う
ちょっと落ち着いた財布が良いので、革製品が良いのだけど、夏場に自転車に乗る時、サイクルジャージの背中のポケットで汗でびしょ濡れになっているなんてことがよくあります。

ビニール袋にいれておけばいいのだろうけど、それも面倒なため、濡れて困る素材は極力避けたいところ。。。
この相反する要素が、一番の悩みどころになるのですが、ifyouhaveの財布は、値段も4,000円程度とそれほど高くはないので、一度購入してしまおうと思っています。

と言いながら別の財布を買うかもしれませんが、また購入した段階でレビューしますね。

では、また。最後まで読んでくれてテリマカシ。

 
【関連記事】【Bellroy All Conditions】ロードバイクでトレーニングにでかける時に最適! 大人仕様の防水革財布

【関連記事】チャムスのエコキーコインケース (Eco Key Coin Case)を買って使ってみたら、超便利だった

【関連記事】南堀江「ichi」でオーダーした「札ばさみ」が、ようやく完成

sponsored link

   
うえせい写真

この「うえせいやブログ」は、合同会社うえせいやが運営する自社メディアです。
【運営している人】
うえせい
【本名】
上原誠司(合同会社うえせいや代表社員社長)
【お仕事】
◯WordPressを使ったホームページの制作
◯自社オウンドメディア運営
◯中小企業向けITサポート
【好きなこと】
トライアスロンと自転車とアウトドアをこよなく愛しています。
詳しくは、コチラ

 

sponsored link

LINE@
「この記事が気に入ったらLINE@で友だち追加をしよう!」

合同会社うえせいやの最新情報をお知らせします。

友だち追加