RICOH GRの純正ケースかと思うほどのジャストサイズ! チャムス モバイルパッチドケース

CHUMS モバイルパッチドケース

自転車に乗る時にサイクルジャージのバックポケットに入るサイズのカメラということで、吟味して買った「RICOH GR2」。
実際使ってみると、小さく軽いのにキレイに撮れるので、撮影することがとても楽しくなってどこへ行く時も持ち歩いています。

先日なんかは、フォトランをやってみたくらいです。

そうなってくると、ハダカでバックパックやウエストバッグには入れたくないので、適当なカメラケースに入れていましたが、GR2の軽快な感じを損なうものだし、イマイチサイズも合ってなかったことから、フォトランを含めアクティブに動いて写真を撮るなんていうケースを想定してのカメラケースを探していたところ、いいものが見つかったのでシェアします。

【関連記事】RICOH GR2を悩んだ挙句に購入! ロードバイクのお供にはコイツが最高

【関連記事】そうだ!フォトランしよう。だってGRⅡは軽いし小さいし

 

sponsored link

CHUMS モバイルパッチドケース

チャムスモバイルパッチドケース
名前の通り、モバイルパッチドケースは、本来カメラではなくスマートフォンを入れるためのケースです。

しかし、GR2と比較して見た時に明らかに、ちょうど良さそうなサイズだったので、購入してみました。

GR2との比較
さすがに、ケースの方が少し長いけど、これがあまりにピッタリサイズだと逆に窮屈になるので、このくらいでちょうどよいような気がしていました。

 

ひとまず、カメラGR2をチャムスのモバイルパッチドケースに入れてみた

モバイルパッチドケースのフラップ
フラップはマジックテープで止まってるだけですが、GR自体に重量がないおかげで、勝手にフタが空いてしまったりすることは無い気がします。

モバイルパッチドケースのマチ
さすがにスマートフォン用なので、マチはそれほどありません。

GR2を入れてみた
実際にGR2を入れていみると、もうパンパンで、レンズ部分はちょっと引っかかります。
そうはいっても、思いっきり広げないと入っていけないほどでもないので、レンズ部分だけちょっと広げていれれば、あとはスッと入ってくれます。

GR2挿入完了
実際に入れてみると、全てにおいてチャストサイズ。

 
CHUMS モバイルパッチドポーチ
こうやって、持ってみると、コンパクトさがわかります。

 

【まとめ】RICOH GR2を入れるのには、ピッタリ過ぎるサイズ

結局うえせいはこう思う
サイズがぴったり過ぎて、入れるのにちょっとだけ手間取りますが、それも使ってるうちに馴染んできてちょうどよくなってくる気がします。

自転車に乗る時は、汗対策で防水ケースに入れるようにしていますが、フォトランやその他アクティブに活動する時にGR2を入れるためのケースとしては最高のサイズ感だと思います。

GR2ユーザーなら、それほど高いものでもないし、色や柄もたくさんあるので、一度試してみるといいと思いますよ。

では、また。最後まで読んでくれて、テリマカシ。

【関連記事】カメラは持ち歩いて、使ってなんぼ! 「OLYMPUS PEN E-P5」買っちゃった。

【関連記事】チャムスのエコキーコインケース (Eco Key Coin Case)を買って使ってみたら、超便利だった

【関連記事】カメラは持ち歩いて、使ってなんぼ! 「OLYMPUS PEN E-P5」買っちゃった。

sponsored link

   
うえせい写真
SNSフォロー

この「うえせいやブログ」は、合同会社うえせいやが運営する自社メディアです。
【運営している人】
うえせい
【本名】
上原誠司(合同会社うえせいや代表社員社長)
【お仕事】
◯WordPressを使ったホームページの制作
◯自社オウンドメディア運営
◯中小企業向けITサポート
【好きなこと】
トライアスロンと自転車とアウトドアをこよなく愛しています。
詳しくは、コチラ

 

sponsored link

LINE@
「この記事が気に入ったらLINE@で友だち追加をしよう!」

合同会社うえせいやの最新情報をお知らせします。

友だち追加