GARMIN(ガーミン) vivosmart3レビュー 腕に付けてるだけで運動も睡眠も記録!

vivosmart3

2018年9月18日

ランニングや自転車のトレーニング・レースの記録をしたり、普段の運動量を計測するGPSウォッチをPOLARからGARMINに切り替えました。

2製品買ったのですが、そのうちの1つ、GARMINのvivosmart3を装着しはじめて1週間ほど経った現時点の感想は、

腕に付けてるだけで、ほとんど操作することが無いのは、とても快適!

ということです。

外箱やら、同梱されているもの、装着感。

そして、どういうところが快適なのか?を、まとめておきますね。

 

sponsored link

GARMINのvivosmart3って、いったいどんなもの?

一日にどれだけ歩いたか?睡眠をとったかなどの活動のログを自動で取ってくれるアクティビティトラッカーというものの一つです。
vivosmart3の特徴は、ただのバンドだけに見えるのに光学心拍計が内蔵されていることと、Move IQという機能があり、ウォーク、スイム、サイクリング、などを自動検出し、とくに操作することなく記録してくれることです。

ちなみにボクの場合、同時にGPS付きのトライアスロンにも対応した「fenix5」というランニングウォッチを購入したので、基本的にはGPSが必要なトレーニングにはそちらを使う予定。

GPSが必要でない運動や、自宅での睡眠に関しては大きさ的にも邪魔にならず、心拍も計ってくれる、痒いところに手が届くライフログバンドです。

 

外箱やら、同梱物やら

▼外箱はこんな感じ
vivosmart3外箱

▼中身は、本体の他に保証書と充電ケーブルが入っています
vivosmart3同梱物

▼充電はクリップ式のケーブルで行います
vivosmart3充電ケーブル

最近のこの手の製品には、説明書が入っていないことが多く、インターネット上にあるPDFファイルを読むことになります。

 

薄く軽いので、装着感はかなりいい

vivosmart3装着

▼スモール/ミディアムサイズだと、ボクの場合はこのくらいが余る感じ
vivosmart3のバンド

薄型で目立たないバンドで、しかもとても軽いので24時間ずっと腕に付けていても、不快感はありません。

ちなみにバンドのサイズが2種類あり、ボクが購入したスモール/ミディアムだと、外周:122-188mmとなります。
ボクは、手首がだいたい17cmくらいなので、S/MサイズもしくはLサイズどっちでもOKですが、ベルトが余るのがイヤでスモール/ミディアムサイズにしました。
また、vivosmart3の場合スモール/ミディアムサイズのみパープルが選択できたのでブラックにしようと思っていましたが、パープルにしました。

男性だとだいたいこのくらいの人も多いので、日本人ならこのワンサイズでもいいくらいだとも思います。

 

1週間使ってみて、快適に使えると思った

たまに時間を見る以外の操作は必要ない

運動する時も、寝る時も全部自動で勝手に感知して計測をスタートするために、ときどき時間を見るためにダブルタップをする以外はほとんど操作をする必要がありません。

ただしGPSが付いているわけではないので、ランニングに関しては加速度センサーのみとなり、距離としてはざっくりとしたものにはなりますが、手軽に距離まで測れるというのは嬉しい機能です。

 

バッテリーは、この一週間で充電は1度だけ

GPSを搭載していないためか、バッテリーの持ちはすごくいいです。

購入した初日に満充電しましたが、それから以降1週間経ってもまだ使えています。

uesei.png
うえせい

1週間つかって、そろそろ充電しないといけない時期になっています

筋トレの回数を自動で記録してくれている

ウェイトトレーニング
このようにウェイトトレーニングをしている時に腕の動きで自動的になんのトレーニングかを察知して、回数をカウントしてくれています。
ギリギリの重さでプルプルさせながら、やってると計測漏れがあるようで、回数はやや少なくなる傾向にあるようです。

 

【まとめ】GPSが必要ないなら機能的には、満足できる

結局うえせいはこう思う
ボクの場合は、GPSが必要な運動(ランニングや自転車など距離を計測する必要があるもの)をするときは、同時購入したfenix5というマルチスポーツ対応のランニングウォッチを使うので、それ以外寝る時も使用するイメージで購入したものです。

また、今後購入する予定のGARMIN製のサイクルコンピュータとリンクさせると、心拍計のみとして利用ができるため、バッテリー寿命が長いというのは長い時間乗ることが多い自転車乗りとしてはかなり嬉しい。

最後に、ボクが使っていて嬉しい点をまとめておきます。

  • 常に心拍数を計測できる
  • 薄く、軽い
  • バッテリーが長持ち
  • 操作不要で自動的に運動を計測
  • ウェイトトレーニングで自動的に回数を計測

では、また。最後まで読んでくれて、テリマカシ。

▼ガーミン選びに困ったらこの記事

 
【関連記事】体脂肪率10%台前半を10年以上キープしているボクが、ほとんど食事制限をしない理由

【関連記事】「Polar M600」Android Wear搭載のGPS付きスポーツ用スマートウォッチを開封&起動

【関連記事】運動を記録するアプリSTRAVAは、さまざまな心拍センサーとリンクできるようだ

sponsored link

   
うえせい写真

この「うえせいやブログ」は、合同会社うえせいやが運営する自社メディアです。
【運営している人】
うえせい
【本名】
上原誠司(合同会社うえせいや代表社員社長)
【お仕事】
◯WordPressを使ったホームページの制作
◯自社オウンドメディア運営
◯中小企業向けITサポート
【好きなこと】
トライアスロンと自転車とアウトドアをこよなく愛しています。
詳しくは、コチラ

 

sponsored link

LINE@
「この記事が気に入ったらLINE@で友だち追加をしよう!」

合同会社うえせいやの最新情報をお知らせします。

友だち追加