DOCTYPE宣言とは? その意味と書き方を説明します【HTML超入門5】

DOCTYPE宣言について

HTML/CSS入門

DOCTYPE宣言というのは、日本語では「文書型宣言」言って、正式には「Document Type Definition」(DTD)となるらしいです。

ともかくHTML文書を記述するときには、必ず最初に書いておかないといけないもの!という認識でOKです。

ちなみに、現在主流のHTML5では、 以下のように書くだけです。

大文字と小文字の区別はしませんので、とにかく書くだけで良いのです。

 

どんなホームページでもDOCTYPE宣言がある

試しにChromeとういブラウザで、どこかのホームページのソースコードを見てもらえば分かると思います。

▼「表示」→「開発/管理」→「ソースを表示」
ソースを表示

▼一番上にDOCTYPE宣言がある
DOCTYPE宣言

 

A さん
書かないとどうなるの?

DOCTYPE宣言がない場合

レンダリングモード(ブラウザがソースを解釈して画面に描画する方法のこと)が互換モードになってしまいます。

そうなるとどういう弊害があるかというと、ブラウザがCSSを正しく読み込まない可能性があるので、こちらが意図して指定しているCSSが適応されずに、思ったように表示されないかもしれません。

うえせい
一行書くだけでいいので、DOCTYPE宣言は、忘れないようにしましょう

「HTML超入門4」で使ったサンプルに、DOCTYPE宣言を追加する

▼「HTML超入門4」で使ったサンプル

 
▼DOCTYPE宣言を一番上に追加しました

 

【まとめ】約束ごとなので、DOCTYPE宣言は忘れない

うえせいイラスト
たった1行書くだけのお約束ごとだと思って、DOCTYPE宣言をすることを覚えておきましょうね。

では、また。最後まで読んでくれて、テリマカシ。

▼HTML・CSS超入門 記事一覧

sponsored link

   
うえせいイラスト

この「うえせいやブログ」は、合同会社うえせいやが運営する自社メディアです。
【運営している人】
うえせい
【本名】
上原誠司(合同会社うえせいや代表社員社長)
【お仕事】
◯WordPressを使ったホームページの制作
◯自社オウンドメディア運営
◯中小企業向けITサポート
【好きなこと】
トライアスロンと自転車とアウトドアをこよなく愛しています。
詳しくは、コチラ

 

sponsored link

lineat

「この記事が気に入ったらLINE@で友だち追加をしよう!

合同会社うえせいやの最新情報をお知らせします。

友だち追加