グレゴリーのパッカブルシリーズ「デイパックLT」 コンパクトに畳めて長期の旅行に最適

グレゴリーのデイパックLT

グレゴリーのデイパックは、とにかくシンプルな造りなんですが、それでいて背負った感じがとても快適で、ジッパーを横まで下ろすと、ガバッと開くので荷物の出し入れがしやすいのです。

そして、また買ってしまったのがパッカブルシリーズというもの。

その名前の通り、コンパクトに折り畳んで「パッキング」が出来るんです。

sponsored link

こんなシーンで使いたいから買ってみた

  • 長期の旅行や出張で大きな荷物はホテル置いて出かけたい
  • お土産など、いろいろ行った先で買いすぎて、キャリーバック等に入りきらなくなった

私の場合は、お土産をほとんど買わないので、メインは前者の方。

これを考慮して、そもそもデイパックとキャリーバックのような組合せで2つ持っていくのですが、もともと荷物は少ないほうなので、本来は一つにまとめられる量だったりします。

うえせい
それに、ムダに2つバッグを持っていると、忘れちゃうかも知れないしね。

折り畳んでいる状態から、バックパックへ展開してみた

▼最初は、めっちゃコンパクト(18cm x 22cm)
デイパックLTのコンパクトな状態

▼ジッパーを開けて、中身を出していきます
デイパックLTのジッパーを開けた状態
結構パンパンに詰まっています。

▼どんどん出していきます
デイパックLTの中身を出している

▼収納袋は、そのまま内ポケットになります。
収納袋はそのまま内ポケットになる
収納袋は内側にくっついていて、外れない仕様になっています。

これはいいですね。

うえせい
使っているうちに、袋だけなくしちゃうことあるんですよね

▼収納袋に入れるときは、くるっと裏向きにしないといけないようですね
裏向きに収納してあった

▼表向きにするとグレゴリーのデイパックらしい形になりましたね。
表向きに返した状態

細かい部分を見ていきましょう

いくらパッカブルと言っても、そこはさすがのグレゴリーのクオリティです。
とにかく小さくなればいいというものではないのが分かります。

▼背負う部分はメッシュ素材で、ベルトもしっかりしている
背負う部分 デイパックLT

▼こういうタイプに省略されがちなチェストストラップもしっかり付いている
デイパックLTのチェストベルト

▼トレッキングポール固定ベルトもあり
トレッキングポール固定ベルトもあり

▼もちろん斜めに切ったポケットも健在
グレゴリー伝統の斜めに切ったポケット

【まとめ】パッカブルで、これだけしっかりした造りは、普段から使いたくなる

うえせいイラスト
うえせい
バカップルではないよ!

いま、いろんなタイプのバックパックが発売されていますが、結局グレゴリーのデイパックに戻ってしまっています。
ロングセラーには、それなりの理由があるんですね。

だから、ここ最近は浮気せずずっとグレゴリーのデイパックを使っています。

そのデイパックのパッカブルタイプは、絶対におすすめできますね!

欲しい方は、レギュラー商品ではないようなので、早めにお買い求めくださいね。

では、また。最後まで読んでくれてテリマカシ。

【関連記事】グレゴリー創業当時のデイパック復刻版「グレゴリー1977」を買って思ったこと|合同会社うえせいや

【関連記事】PCが入るデイパック、グレゴリー「カバートミッションデイ」を買ったよ|合同会社うえせいや

【関連記事】カバンの中身を再び公開!1年の間に、ふだん持ち歩くものがどう変わった!?|合同会社うえせいや

sponsored link

グレゴリーのデイパックLT
lineat
「この記事が気に入ったらLINE@で友だち追加をしよう!
合同会社うえせいやの最新情報をお知らせします。

友だち追加
うえせいイラスト

「合同会社うえせいや」代表の「うえせい」こと上原誠司です。
 
弊社では、WordPressを専門で扱うホームページの制作を承っております。
月額管理料は0円な上、納品後のサボート費用は質問の回答だけであれば永年0円です。
 
お問合せは無料です。お気軽にご連絡ください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。