こんぴらさん2度目で、調べて行ったことや知って面白かったこと、などなど

こんぴらさん再び

頑張らない生活

2016年、2017年と2年連続で「こんぴらさん」へ行ってきました。

2016年に、初めて行った時になんとなく雰囲気が気に入ったことからの再びのお参りです。
実は、その時近くで仕事があり、終わってからどこか寄り道しようと思ったら「こんぴらさん」が意外と近くでいけそうだったことからの予定外の参拝。

階段がそんなにあるとも知らずの、まったくの前知識なしで行ってたのと、時間も限られていたことから、今回は少し調べて行きました。

また2度目なので、新たな気づきもあったのでまとめておきます。

これから、参拝に行く!という方の参考になれば・・と思います。

 

私うえせいが調べた前知識

1.こんぴらさんは「大物主神(おおものぬし)」を祀っています

大物主神は、天照大御神(あまてらすおおみかみ)の弟、建速素盞嗚命(たけはやすさのおのみこと)の子、大国主神の和魂神(にぎみたまのかみ)で農業殖産、漁業航海、医薬、技芸など広汎な神徳を持つ神様として、全国の人々の厚い信仰を集めています。
金刀比羅宮サイトより

このように説明されていました。

つまり、農業殖産、漁業航海、医薬、技芸などの神様ということですね。

A さん
うえせい、そのどれかに当てはまるの?

私は、まったくどれも該当しませんが、結構な階段を上って参拝することから、金運や縁結び、商売繁盛、健康運など、実にさまざまなご利益があるそうです。

 

2.こんぴらさんの語源は「サンスクリット語」

サンスクリット語というのは、インドの古典言語です。

うえせい
「ナマステ」という挨拶が有名ですね

ちなみに、「クンビーラ」という、ガンジス川に住むワニが神格化されたものが語源だそうです。

 

3.象頭山(ぞうずさん)という山の中腹にある

標高が538mということなので、こんぴらさんの奥社まで登ると421mとなり、富士山でいうと7合目くらいまでは、登ったことになります。

つまり、山登りをしているのと同じなので、小さいお子さんをベビーカーで・・・というのは、ほぼ無謀でしょう。

 

4.こんぴらさんの階段は、本当は786段ある

これは、たまたま近くを歩いていた団体客のガイドさんが言っていたのが聞こえたのですが、本当は786段あるのですが785段ということになっているそうです。

そのからくりが▼このマイナス1段
下りの階段
こんぴらさんに登る中で1段だけ下りの階段があるのです。

これをマイナス1段として、785段にしているということなんですね。

786段だと「7(な)・8(や)・6(む)」という語呂になって、あまり良くないということが理由だそうです。

 

5.実は、まだ更に上があって合計すると1,368段になる!

こんぴらさんの奥社への道
こんぴらさんに向かって右側にすすむと、このような看板があります。

前回気づかなかったのですが、実は「奥社」というのがあってさらに583段の階段がまだ続いています。

厳魂神社(奥社)があったんですね。

 

6.ふもとの商店は昭和感たっぷり

琴平駅
今回も、琴平駅からスタートして歩いていったのですが、ちょっと裏道を通ったりもしました。

カメラ屋さん
▲こんなディスプレイをしているカメラ屋さんがあったり。

神社の参拝にくる人が多いのに、昭和感たっぷりの、こんなちょっと◯◯なお店までありました。

うえせい
※写真撮ったんですが、掲載するとGoogleさんに注意されるかもしれないので・・・

 
このあたりをうろうろしていると、参道とは違った普通に地元の人が食べるような飲食店があったりします。
香川と言えばうどんが名物ですが、参道で食べるとちょっと割高なので、琴平駅近くのお店で食べるといいと思います。

 

7.「LUNAサンダル」で登ると足の筋トレにもなる

LUNAサンダル
うえせいのお気に入りの「LUNA」サンダル、今回も履いて行きました。

走れるサンダルなので、こんぴらさんへのお参りもまったく問題ありませんでした。

ただ、通常のスニーカーとは違って、前足部での着地になるので、フクラハギをかなり使うことになるので、筋トレにもなっていいですよ。

 

実際に参拝していっぱい写真撮ってきた

▼駅からこんぴらさんへの道
駅からこんぴらさんへの道

▼ここから参道がスタートです
参道のはじまり
両脇に商店があり、とっても賑やかです。

▼参道は途中からちょっと狭くなります。
こんぴらさん参道途中

▼ドッグヌードル
ドッグヌードル
さすが香川県です。犬用のうどんが売っています。

▼着いたと勘違いする「大門」
こんぴらさん大門
最初行った時に、勘違いして余裕やん!って思ったのが、この大門。
これ、あくまで門なんですね。

▼大門から見ても結構登っていることがわかります
大門からみた風景

▼大門を通っても、さらに階段は続きます
さらに階段は続く

▼ここは自然が美しいですね
こんぴらさん景色

▼灯籠の上の狛犬
灯籠の上の狛犬

▼こんぴらさん到着
やっと着いたこんぴらさん

前回はここまででしたが、今回は「奥社」まで行くことに

▼ここからさらに「奥社」への階段が続きます。
奥社への道スタート

▼「奥社」までの道のりは、さっきまでの賑やかと違って、とても神聖な感じがします。
奥社への道、途中

▼どうやらイノシシが出るそうですが、「気をつけてください」と言われても、どう気をつけるやら・・・
イノシシ看板

▼「奥社」へ到着
奥社へ到着

▼ここまでの道のりは
こんぴらさん奥社まで
結構登った感ありますね。

▼「奥社」まで行って初めて買うことができる「天狗守り」
こんぴらさん奥社の天狗守り

 

【まとめ】大変ですが、ぜひ奥社まで行ってみてください

うえせいイラスト
奥社のことは、前回参拝したあとに聞いて知っていたのですが、今回また参拝させていただくまで、まったく忘れていました。

たまたまこんぴらさんのお参りをして右側で景色を見ていて気づいてよかったです。

参拝客も多い「金刀比羅宮」と違って人も減りますし、参道が何と言っても神聖な雰囲気でパワーをいただけいてる気がします。

体力は多少いりますが、行ってよかったと思いますよ。

では、また。テリマカシ。

【関連記事】香川県の金毘羅さん、うどん、カフェ、資生堂パーラーとなんでもありの楽しいパワースポット

【関連記事】「成功している人は、なぜ神社に行くのか?」 私もとうとう神頼みの域に達したのか?

【関連記事】オシャレで新食感のうどん屋さん 「UDONダイニングKONA×MIZU×SHIO」in堺筋本町

sponsored link

   
うえせいイラスト

この「うえせいやブログ」は、合同会社うえせいやが運営する自社メディアです。
【運営している人】
うえせい
【本名】
上原誠司(合同会社うえせいや代表社員社長)
【お仕事】
◯WordPressを使ったホームページの制作
◯自社オウンドメディア運営
◯中小企業向けITサポート
【好きなこと】
トライアスロンと自転車とアウトドアをこよなく愛しています。
詳しくは、コチラ

 

sponsored link

lineat

「この記事が気に入ったらLINE@で友だち追加をしよう!

合同会社うえせいやの最新情報をお知らせします。

友だち追加