「2017食博覧会・大阪」に行ってきました! 料金やアクセスなどと、行ってきた感想を公開

食博2017

2017年5月5日頑張らない生活

4年に1度、大阪で開催される日本最大級の食イベントです。

「食博」と言っていますが、正式には「食博覧会」というらしいです。

2017年の開催で9回目になるようですね。

 

sponsored link

2017年の開催テーマは「日本の祭り・日本の味くらべ」

2013年12月にユネスコ無形文化遺産に登録された和食文化にスポットを当て、日本全国の味覚を取り揃えることはもちろん、それを彩る伝統文化の象徴として各地の祭りを体感いただける演出を繰り広げて外国人の方も楽しんで頂けるようなイベントにすることをかかげています。

  • 世界をもてなす「宴の心と技」を世界に発信
  • みんなでつくる食博、そして持続可能な食博
  • 食博ブランドの強化と地域価値創造への貢献

 
▼食博覧会公式サイト

 
▼入場料
食博2017料金表

 

「2017食博覧会・大阪」のレポート

インテックス大阪看板
▲降りてすぐの案内看板

食博覧会のホームページでは、「コスモスクエア駅」で降りることをすすめていますが、実際はニュートラム「トレードセンター前駅」で降りると近いです。

ただし、ニュートラムは電車も駅も小さいので混雑は予想しておいた方がいいですよ。

 

少し歩くと会場であるインテックス大阪に到着

食博覧会2017入場
11時開場だったので15分前くらいに到着しましたが、さすがゴールデンウィーク。

うえせい
めっちゃ並んでるやん!!

 
札幌ラーメン武蔵
▲子どもが、食べたいと言って真っ先に食べた「札幌ラーメン武蔵」の極上味噌ラーメン。

焼き牡蠣
▲焼き牡蠣

うに
▲うに

 

A さん
美味しそうですね

うえせい
確かに美味しかったですが・・・

 

人混みで、疲れるし落ち着いて食べられないのが残念

人混み

開場が広いので全部のお店が混んでいるわけではないのですが、空いているお店で食べるものを買っても、座って食べる場所を確保することが至難の業。

やっと座って食べれても、席は狭いし、周りで席がなくてウロウロしている人はたくさんいるし・・・で。

入場料は2200円なのですが、2倍にしてもいいから入場制限をしてくれるといいなあって思いました。

 

展示スペースは空いていますよ

ねぶた
ねぶたや、その他の地方独自のお祭りに使われるようなものが展示されていました。

みなさん、食べることに夢中で、展示スペースは空いていました。

 

【まとめ】ゴールデンウィークの家族のお出かけとして行く人が多いので、逆に夕方以降に行ってみることをオススメします

うえせいイラスト
うえせい(@charin_co)の仕入れた情報によると、夕方以降は子供連れと高齢者がかなり少なくなるとこから、昼間ほどの混雑はないそうです。

また、当日中に食べないといけないものなんかは、値引きされて販売されるとのこと。

私は、そもそも混んでるフードコートなんかで食べるのも嫌いだったりするので、たぶん次は行かないと思いますが、もし行くなら会場が閉まる時間あたりに行ってみようと思います。

では、また。最後まで読んでくれてテリマカシ。

▼会場で食べて、美味しかったので買って帰ったもの。

 
【関連記事】大阪府立中之島図書館の中に、美味しいオープンサンドのお店を発見!!

【関連記事】銀座駅近くにある「俺のだし」お蕎麦が、美味しくて、とってもリーズナブル。

【関連記事】2017年4月29日 大阪市、北浜の古民家を改装した蕎麦店「土山人 (どさんじん) 」で、爽やかな味の「すだちそば」を頂いた

 
▼帰ったら、青空に月が出ていました
青空に月

sponsored link





 

lineat

「この記事が気に入ったらLINE@で友だち追加をしよう!

合同会社うえせいやの最新情報をお知らせします。

友だち追加

うえせいイラスト

この「うえせいやブログ」は、合同会社うえせいやが運営する自社メディアです。
【運営している人】
うえせい
【本名】
上原誠司(合同会社うえせいや代表社員社長)
【お仕事】
◯WordPressを使ったホームページの制作
◯自社オウンドメディア運営
◯中小企業向けITサポート
 
【好きなこと】
トライアスロンと自転車とアウトドアをこよなく愛しています。

詳しくは、コチラ