りんくうタウンのスーパー銭湯「りんくうの湯」に行ったら、そのまま車中泊してしまった

りんくうタウンの観覧車

2017年5月4日ハイエース

2017年のゴールデンウィーク。中学生になる子どもが、りんくうタウンにある「りんくうの湯」に行きたいというので、夕方から行ってきました。

 

sponsored link

「りんくうの湯」のウリは、なんといっても30,000冊のマンガ本

りんくうの湯の入り口

入浴料 大人:620円/小人:310円/乳幼児:210円
大人:930円/小人:520円 (ゆったりコース)
大人:1240円/小人:720円 (岩盤ゆったりコース)
営業時間 平日:朝9時~夜1時(最終受付 夜12時)
土日祝:朝7時~夜1時(最終受付 夜12時)
ホームページ http://rinkunoyu.jp/

 

 

A さん
お風呂は、どんなお風呂なの?

 

りんくうの湯のお風呂

内風呂、そして露天風呂ともに最近のスーパー銭湯の平均的な感じですが、料金は追加にはなりますが、岩盤浴が充実しています。

ただし毎週水曜日は、岩盤ゆったりコースの値段が1,000円になるため、ゆったりコースとは70円しか変わらなくなります。

水曜日に行くのがお得ですね。

 

うえせい
それより、ネットカフェのようなマンガの量が子どもには嬉しいみたい

 

子どもがマンガを読んでいる間、ヒマなのでビールを飲んでしまった

ビールとおつまみ
風呂上がりだし、時間もあったのでビールとおつまみのセットを注文。

飲んでしまった時点で帰るのを諦めて、そのまま車中泊決定。

 

こんな時のためのハイエース

ジャックダニエル
晩酌の続きをハイエースの中で、しながら「モバイルボヘミアン 旅するように働き、生きるには」を読んで、至福の時間を過ごせました。

 

【まとめ】ハイエースの後ろをベッドにしていると、気軽にどこでも行って、そのまま寝られる

観覧車りんくうタウンの
▲りんくうタウンの観覧車

スーパー銭湯に行っただけなんですが、なんとなく一泊二日の旅に来た気分・・・

行きたいところに行き、ビールを飲みたくなったら飲む。

多分、私のスタイルに一番あっているような気がしています。

また、どっかクルマに乗って出かけたくなってきました。

では、また。最後まで読んでくれてテリマカシ。

 
【関連記事】LOGOS(ロゴス)のコンパクトキャンプベッド-Nを、ハイエースの中で使ってみたら快適!

【関連記事】働く場所を固定しない無駄のないクリエイティブな働き方を実践中

【関連記事】場所に縛られずに生きる! ITのスキルは徹底的に磨いておくべき

 

sponsored link

   
うえせいイラスト

この「うえせいやブログ」は、合同会社うえせいやが運営する自社メディアです。
【運営している人】
うえせい
【本名】
上原誠司(合同会社うえせいや代表社員社長)
【お仕事】
◯WordPressを使ったホームページの制作
◯自社オウンドメディア運営
◯中小企業向けITサポート
【好きなこと】
トライアスロンと自転車とアウトドアをこよなく愛しています。
詳しくは、コチラ

 

sponsored link

lineat

「この記事が気に入ったらLINE@で友だち追加をしよう!

合同会社うえせいやの最新情報をお知らせします。

友だち追加

2017年5月4日ハイエース

Posted by 合同会社うえせいや 代表うえせい