BAMBOO TABLE(バンブーテーブル)が気になる! キャンプでは、天然の素材を使いたい。

bambootable

2017年5月8日アウトドア

暖かくなってきたらキャンプ!というか、肌寒い時期でもアウトドア鍋なんかやったりするアウトドアブロガーなうえせい(@charin_co)です。

さて、キャンプの時に使うテーブルですが、どんなものを使っているんでしょうかね?

A さん
たまにしか使わないし折りたたみのプラスチックの素材のものを使っているよ!
うえせい
いやいや、たまにしか使わないから逆にちょっと雰囲気よくしませんか?

 
旅館やホテルに宿泊することを考えれば、キャンプすると宿泊費は抑えられます。

その浮いた分を、キャンプグッズに投資すると、ぐっとキャンプが楽しくなりますよ!

 

インスタ映えする「BAMBOO TABLE(バンブーテーブル)」

バンブーテーブルでBBQ
人間って、やっぱりプラスチッキーなものより、天然の素材。特に「木」に惹かれるんですよね。

こんな風にBBQにしなくても、ラグを敷いてその上に直にお弁当を置くんではなくて、バンブーテーブルのロータイプのものをちょこっと置いて、その上にお弁当を広げるだけで、随分と雰囲気が変わりますよね。

また、同じくロータイプのアウトドアチェアを用意しておくだけで、随分とのんびり過ごすことができます。

 

「BAMBOO TABLE(バンブーテーブル)」は、高さによって3種類ある

通常のキャンプスタイルで、調理をする必要がある時なんかは、ある程度高さが必要なので、このくらいの高さが必要ですよね。
▼トールサイズ

 
全体的にはロースタイルでも、食卓を囲むような感じで食事をするなら、完全に低いものより、このくらいの高さがあるタイプの方が食事は取りやすいです。
▼ミドルサイズ

 
完全にくつろぐときには、チェアの横においておくと飲み物を飲むときなんかには便利なサイズです。
▼ロータイプ

 

【まとめ】私としては「BAMBOO TABLE(バンブーテーブル)」はミドルとローと2種類欲しい

うえせいイラスト
最近は、キャンプ場でもロースタイルが定番になりつつあります。

天井が低いテントやタープでも、頭上にスペースができるので、開放感があってリラックスできるんです。

うえせい
なんとなく日本人って床の上で過ごす民族だし、合っているんでしょうね。

そう考えると、食事するためのミドルタイプ。
そして、くつろぐ用のロータイプの2種類が欲しいですね。

ちなみに、私の場合は、調理をするための台に関しては調理用のものを別で用意してあるので、トールサイズは使わないでいいかなって思っています。

ともかく「BAMBOO TABLE(バンブーテーブル)」、それぞれのスタイルにあうよう3つの高さがあるのが嬉しいですね。

では、また。最後まで読んでくれてテリマカシ。

 
【関連記事】LOGOS(ロゴス)のコンパクトキャンプベッド-Nを、ハイエースの中で使ってみたら快適!

【関連記事】りんくうタウンのスーパー銭湯「りんくうの湯」に行ったら、そのまま車中泊してしまった

【関連記事】 「TOGAKURE 伊東屋特別仕様」が最高に便利! 縦でも横でも使えるインナーバック

sponsored link

   
うえせいイラスト

この「うえせいやブログ」は、合同会社うえせいやが運営する自社メディアです。
【運営している人】
うえせい
【本名】
上原誠司(合同会社うえせいや代表社員社長)
【お仕事】
◯WordPressを使ったホームページの制作
◯自社オウンドメディア運営
◯中小企業向けITサポート
【好きなこと】
トライアスロンと自転車とアウトドアをこよなく愛しています。
詳しくは、コチラ

 

sponsored link

lineat

「この記事が気に入ったらLINE@で友だち追加をしよう!

合同会社うえせいやの最新情報をお知らせします。

友だち追加

2017年5月8日アウトドア

Posted by 合同会社うえせいや 代表うえせい