働く場所を固定しない無駄のないクリエイティブな働き方を実践中

うえせい流の、場所を固定しない働き方

2017年4月24日ハイエース

私、うえせい(@charin_co)流の「場所を固定しない働き方」の実践中です。

私は、東京を代表とする都市圏において、大企業(または優良な企業)で働くことだけが全てではないと思っていて、もっと柔軟でムダやストレスの無い働き方ができるのではないかと考えています。

今は、移住する方や複数の拠点を持つ方など、働く場所を変えるということを実践している方が増えてきました。

友だち
うえせいは、どんな風な働き方にしていこうと考えているん?

 

sponsored link

うえせいが実践していこうと考える働き方

私の場合は、都会にずっといると疲れるので、実はあまり好きではありません。

とは言え、ときどきは都会に出たいタイプでもあるので、少し離れた郊外で、アクセスがそれなりいい場所というのが、一番快適なんです。

いまの自宅がちょうどそんな感じなんですが、自宅の一室を仕事のスペースとしているため、ずっと見る景色が変わりません。

気分転換にもならなければ、脳に刺激も少なく、ヒラメキが必要なクリエイティブなことには、向いていない状況になあると思います。

友だち
そしたら拠点を複数持てば?
うえせい
以前、事務所的に使える場所をもっていたのですが、結局移動時間を考えると無駄に思えて、ほとんど利用しなかったんです。

つまり、どこかへ移動しないと仕事ができないという状態が、向いていないのだと考え、出した答えが

うえせい
移動しながら仕事をする

というスタイルです。

 

週に数回は、クルマで好きな場所に移動して仕事をする

もうすでに私の場合は、資料やデータのほとんどをクラウド上に保存してあり『机に戻らないといけない』ということは一切ありません。

メインで使っているiMac、持ち出し用のMacbookでも、ほとんど同じ仕事が可能です。

なんだったら、iPadでも大体の仕事はできます。

インターネットさえ接続できる状況ならば、どこでも仕事をすることが可能です。

友人
それなら、どっかへ移住すれば?
うえせい
いやいや、いま、住んでいる街も嫌いじゃないんです。

それに、うえせいには、中学生の子どもがいるというのもあるし、お世話になっている方とのお仕事も大事にしたいのです。

そのことから、たまたま私がもっているインフラとしてハイエースがあるので、これを有効活用して、移動した場所で仕事をしてしまおうというのが、導き出した答えです。

 

すでに、もうスタートさせている

うえせいの仕事風景
▲仕事してみたり。

LOGOS(ロゴス)のコンパクトキャンプベッド-N寝てみた
▲疲れたら寝てみたり

 

【まとめ】余計なものが何もないクルマの中は、結構集中して仕事ができる

うえせいイラスト
スタートして間もないですが、景色がいいところで仕事をするのというのは、リフレッシュしていいですね。

これから、慣れてきたら、LINE@で告知して、道の駅かどこかで、無料ブログ相談会をやるのも面白いですね。

A さん
そんなところに誰かくるの?
うえせい
来なかったら、来なかったで、のんびり過ごせるからOK!

では、また。最後まで読んでくれて、テリマカシ。

 
【関連記事】自分の働き方スタイルをデザイン! 模索中の仕事スタイルを公開

【関連記事】「パラパラめくるだけで、引き寄せができる本」を読んだら、一瞬で「引き寄せ」ができた件

【関連記事】高橋歩さん編著「大人がマジで遊べば、それが仕事になる」から、元気をもらった5つの言葉

sponsored link





 

lineat

「この記事が気に入ったらLINE@で友だち追加をしよう!

合同会社うえせいやの最新情報をお知らせします。

友だち追加

うえせいイラスト

この「うえせいやブログ」は、合同会社うえせいやが運営する自社メディアです。
【運営している人】
うえせい
【本名】
上原誠司(合同会社うえせいや代表社員社長)
【お仕事】
◯WordPressを使ったホームページの制作
◯自社オウンドメディア運営
◯中小企業向けITサポート
 
【好きなこと】
トライアスロンと自転車とアウトドアをこよなく愛しています。

詳しくは、コチラ