起業して失敗してを繰り返している私が、軌道に乗りかけた事業を方向転換しようとしている理由

生きていけるよ

2017年4月3日働き方

サラリーマンから、独立してもうすぐ4年。
業績も安定してきて、法人化して、ちょうど2期目が終わって3期目に突入しました。

偉そうなことを書いていますが、私うえせい(@charin_co)よく考えると頻繁に職を変えていて、今回の起業も実は3回目なんです。

起業して、初めてちゃんと軌道のったのかなあ・・・と思えるところまで来たのですが、最近思うことは、

うえせい
なんか違うような気がする

ちょうど節目なので、思うところをぶちまけておこうと思います。

 

sponsored link

とにかく無我夢中でやってきた

以前勤めていた会社をやめるタイミングというのが、起業に対して準備万端というわけではなかったのです。

会社と、揉めるような形で退職したので、突然2ヶ月後に退職することになって、無収入。

うえせい
正直きつかったです。

とにかく稼がなきゃ、という理由から、いろんなことをやってみては、失敗してなんとか今の形は、ホームページの制作や中小企業様のIT関係のサボートで収入を得るとこができるようになりました。

A さん
そしたら、それでええんちゃうの?
うえせい
いやいや、なんかちゃう感じがしてきてるねん

 

やってみたら、違っていたなんてこともある

サラリーマン時代の収入よりは多くなって生活も楽にはなってきましたが、自分の持っている夢や目標とはズレてきています。

こうなってくると、「仕事=ライスワーク」

それだったら、サラリーマンやっている方が安定しているし、保障があっていいんです。

だから、うえせいの2017年度はそれ以降の自分の目標のために、できるだけ多くの時間と経費を使っていこうと思っています。

つまり、引きこもり・・・

うえせい
2017年は、サナギマンになる

 

 

目標は「ブログとミニサイトだけで十分な収入を得る!」

うえせい
こういうこと公言するのって、本気で考えてることほど、結構恥ずかしいんですよね

いまは、「合同会社うえせいや」としてブログを書くことによって、それなりにアクセス数があり、特に営業をすることなく、お仕事を頂くことに繋がっています。

この収益構造を逆転させたいんです。

「ブログを書くことによって、仕事を得る」から、「ブログを書くことによって収入を得る」に変えていきます。

うえせい
もちろん、ブログを書く以外は何もしないというわけではないです

ただ、私が仕事としてお付き合いをしたい人たちとだけ繋がっておくという状態にしようと考えています。

 

「積み上げてきたキャリア」に、こだわっていると先にすすめない

やっと、安定した収入を得られるようになってきて、今後のこの方向性でやっていけば、もっと収入が増えるかも知れない。

だれしも、そう思って当然なんですし、私うえせいも悩んでいます。

うえせい
でも、多分これ以上はないでしょう。

自分の夢や野望のベクトルとずれたものを、積み上げていっても、どうせ先は知れている。
ほんとに、そう思います。

だって、どっかで我慢しているんですからね。

 

よく考えたら、私うえせいは、今まで結構好きに生きてきたように思う

沖縄フォト

大学生時代にちょっとした変化

大学入学時には、親の勧めもあって公務員になる気満々で試験対策の講座まで受講していたのですが、中学生向けの教材を訪問販売するアルバイトをやりだして考えが一変。
フルコミッション制(完全歩合制)だったのですが、結構稼げたことから、公務員なんかしない方が裕福になれると考えました。

適当に就職活動をして、ソフトウェア開発会社に入社。

 

SEからスタートして、いろんな職種を転々と・・・

プログラマーからスタートしたソフトウェア開発会社でしたが、一人だけ異動のペースがやたらと早く、気がついたら営業職になっていました。

そもそも、コンピューターがめっちゃ好きというわけでもなかったことから、急に服屋さんがやりたくなって退職。

そこから、ジーンズ専門店で少し働いてから、子供用のジーンズ店を開店するも全然売れなくて、あっという間に廃業。

うえせい
ここで、1回目の起業。そして失敗

 
嫌になって、沖縄に逃げる・・・

その時に出会った漁師の手伝いをしたり、知り合った人の家に転がり込んだりして生活・・・
うえせいの住所不定無職時代です。

 
大阪に帰ってきて沖縄時代の経験を活かして、ダイビングショップで働くことに。
インストラクターにはなるものの、なぜかたまにしか海に行かない「陸インストラクター」になってしまう。

いろいろあって、退職。

急にデザイナーになりたくなって、メッセンジャー(自転車便)の仕事をしながら、グラフィックデザインの学校に通うことにしました。

うえせい
ちなみにこの時に長男が生まれているので、無職の時に生まれた子どもということですね!

 
毎日、昼間はメッセンジャーで1日100kmほど自転車に乗って配達し、夕方からグラフィックデザインの勉強のために学校に行くという生活。

ところが、ある日学校に行くと「倒産」の張り紙・・・

仕方なく、中途半端なスキルのまま広告代理店に就職。

うえせい
ここで、広告のことを学ぶことになったのは、いま考えると良かったな

 
そのあと、メッセンジャーをやっていた友人と一緒に自転車便の事業を起業
しかし、時代はクラウドサービスで大容量ファイルが遅れる時代になっていたようで仕事が少なくなって、あえなく廃業。

うえせい
ここで、2回目の起業。またもや失敗

 
そんなこんなで、広告の知識と、以前やっていたエンジニア気質を活かして、なんかできるだろうということで、また起業。

最初はリアルの広告もできる!というのがウリでやっていたのですが、全然仕事にならず気がついたら「WEB屋さん」になっていました。

うえせい
3回目の起業にして、やっとまともに生活できるレベルになりました

 

うえせいの職歴を、まとめると・・・

2017年4月1日現在、うえせい(@charin_co)は、7回職を変えています。

そのうち今を含む3回は起業していて、過去の2回はあっという間に廃業。
(借金を返済するために、サラリーマンをしていたように思います)

途中、フリーターや学生なんていうのもあったりもします。

うえせい
それでも、今は法人の代表としてちゃんと経営しているのだ!

 

【まとめ】やりたいことがあるなら、なんでもやってみればいい。ちゃんと生きていけるよ

うえせいイラスト

前述の通りで、結構適当な人生を歩んでいます。

仕事するのがイヤになって逃げた沖縄では、知らない人に面倒見てもらったり、野宿したりの生活。
それでも、立派に生きていけるんです。

B さん
いまは、◯◯だから出来ないな〜

という考えは、完全に違うと、私の経験からハッキリ言えます。

たぶん、どんなタイミングでも、なにやっても大丈夫なんですよ。

積み上げてきたものを、ぶっ壊してイチからスタートしてもいいし、それで失敗したってちゃんと生きていける。
そう実感できる生き方をしていたことを忘れていたように思います。

うえせい
とにかく、なんかやろうと思うのなら、見切り発車でいいからすぐスタートすることですよ!

ほんと、そう思います。

では、また。テリマカシ。

 
【関連記事】『マンガで学ぶ心屋仁之助の「非常識」でコミュニケーションはラクになる』で、簡単ストレスフリー入門

【関連記事】ストレスフリーな生活のために読んでおくといい本10選

【関連記事】結果を出すために、必ずやらなくてはイケないたった1つのこと

sponsored link





 

lineat

「この記事が気に入ったらLINE@で友だち追加をしよう!

合同会社うえせいやの最新情報をお知らせします。

友だち追加

うえせいイラスト

この「うえせいやブログ」は、合同会社うえせいやが運営する自社メディアです。
【運営している人】
うえせい
【本名】
上原誠司(合同会社うえせいや代表社員社長)
【お仕事】
◯WordPressを使ったホームページの制作
◯自社オウンドメディア運営
◯中小企業向けITサポート
 
【好きなこと】
トライアスロンと自転車とアウトドアをこよなく愛しています。

詳しくは、コチラ

2017年4月3日働き方

Posted by 合同会社うえせいや 代表うえせい