「考えすぎる脳、楽をしたい遺伝子」を読んでみると、「楽をして生きる」ことも悪くないと感じる

考えすぎる脳 楽をしたい遺伝子

書評

人間のは知性を進化させてきた5万年の間に、私たちの脳は「楽をする」ということを忘れてしまったのです。

人間以外の動物は、眠くなったら寝るし、疲れたら休む。
お腹が空いたら、食べる。

つまり、先天的にカラダの欲求に背くことができるようになっているのが人間なんです。

「脳に振り回されずに生きる方法」を生物学的な視点から、考えるのが「考えすぎる脳、楽をしたい遺伝子」の狙いだそうです。

 

 

やりがいも、生きがいも、脳が見せる幻

考えすぎる脳

「こんな仕事がやりたい」などとやりがいを求め、つまらない仕事をさせられる人を「社畜」と読んでバカにするのは、すべて首から上の部分
「考えすぎる脳、楽をしたい遺伝子」より

ただ、ご飯を食べ、休息が必要な時には休める。
カラダが一番心地いい状態で働くのが一番いいこと。

 

逆境とどう向き合うか

金欠女子
たとえ、自然界でも逆境はあります。
エサが取れなくなったり、急な気候変動があったりします。
そんなときも、動物たちは無理をしないで、最後死んでいきます。

著書のなかで

「怪我をするときは怪我をすればよろしい、病気のときは病気になればよろしい、災難のときは災難にあえばよろしい。それが一番の災難除けだ」

という教えを紹介していました。

とくに日本人に多いそうですが、その状況になった時のことを考えて悲観的になって、その時のために準備をしたりする。
なにも起こっていないうちから勝手にストレスを抱えてしまっています。

開き直っていた方が、生きやすいのではないでしょうか?

 

怠けるのと楽な状態を手に入れるのとでは、少し意味か違う

仕事中にゲーム
楽をして生きようと思えば、少し頑張らないといけません。

たとえば十分な睡眠時間というのは、ひとそれぞれですが、毎日8時間寝ようと思うと、この現代社会ではそれなりに工夫しないといけないですね。

私の知っている人の中で8時間睡眠をしっかりとっている人に、ひとりもルーズな人はいません。

 

【まとめ】どうやら、私は自分が「楽に生きる」ための環境づくりを始めているようです

うえせいイラスト
昭和45年生まれの私うえせい(@charin_co)。

50歳を前にして、やっと自分が楽に生きられる環境というのが見えてきたようです。

いままでは、どうしてもまわりと比較して自分を良く見せようとしたり、世間体を気にしたり。

また、親の期待というのも、乗っかっていましたが、ようやく自分が楽でいられるというのは、どういうことなのかとういうのが見えてきたようです。

先日も自分の夢を語る機会があったのですが、そこに社会貢献的なことは何もありませんでした。

ただ、自分のいたい場所であったり、過ごしたい時間のこと。

著書のなかにもありましたが、

「生まれ生きて死ぬ」、それがすべてです。くすぶって生きようが、花開こうが、大した違いはないのです。

自分の心地よいように生きていきたいものですね。

では、また。テリマカシ。

 

【関連記事】「虹の翼のミライ」は、読むだけで幸せな気持ちになれる本でした

【関連記事】目標の達成のために、古来日本人がやっていた方法「予祝」をやってみた

【関連記事】「成功している人は、なぜ神社に行くのか?」 私もとうとう神頼みの域に達したのか?

 

sponsored link

   
うえせいイラスト

この「うえせいやブログ」は、合同会社うえせいやが運営する自社メディアです。
【運営している人】
うえせい
【本名】
上原誠司(合同会社うえせいや代表社員社長)
【お仕事】
◯WordPressを使ったホームページの制作
◯自社オウンドメディア運営
◯中小企業向けITサポート
【好きなこと】
トライアスロンと自転車とアウトドアをこよなく愛しています。
詳しくは、コチラ

 

sponsored link

lineat

「この記事が気に入ったらLINE@で友だち追加をしよう!

合同会社うえせいやの最新情報をお知らせします。

友だち追加