自営業者でもできることなら、やっぱり土日は休業日にした方がいい!と思ったけど・・・な話

2017年3月11日働き方

私、 うえせい(@charin_co)は、自営業を営んでいますので、曜日なんかは関係なく休んだり仕事したりできる環境です。

あまり、意識せずにやっている方だと思うのですが、

sponsored link

日本の労働人口のうち、9割近くはサラリーマン

エスカレーターに乗るサラリーマン

2013年の統計局の出しているデータによると、就業者のうち雇用者は87%に登るそうです。

土日休みを採用している企業は6割ほどあると聞いたことがありますから、全体の半分程度は土日が休みになるわけですよね。

学生のほとんどは、土日休み

もちろん、部活とか習い事とか言い出したら、キリがないですが、学校の制度でいうと土日がおやすみということになります。

前述の土日休みの雇用者の件と合わせて考えると、土日になるといろんなところに、人が溢れるのは当たり前のことですね。

一般的に曜日に関係なく働いて仕事の都合や気分で休むことに理解がない

自転車に乗ってて土手で休憩

フリーランスや、自営業者なら分かってもらえると思うのですが、決して土日だからといってのんびり休めるか、といったら決してそうではありません。

月曜日にどうしても仕上げないといけない仕事があったら、土日に集中してやってしまいます。

その分、火曜日や水曜日に少し余裕ができたら、休みにしたり、午後から休業にしたりします。

「平日だから、仕事してるでしょ?」って感覚で連絡がくるのは、正直つらい

温泉に浸かる男性

平日の昼間から、お酒を飲んでたり、どこかへ出かけていたりすると、「ちゃんと仕事してるの?」というふうな目でみられます。

別にそのあたりは、どうだっていいのですが、仕事の依頼で連絡があっても、例えば温泉なんかに行っててノンビリ過ごしていたりすると、電話やメールの返信ができない(したくない)こともあります。

そのあたりの理解というか、たぶん感覚がないのでしょうね。

平日ガマンして働いて、土日に一気に休むという感覚でいる人は、平日自分の都合で休みを取るというスタイルがわからないのだと思います。

ただ、ひとつ言えることは、

うえせい
サラリーマン時代よりの仕事の時間は長いです!!

土日に休んで、平日も好きに休みをとっているわけではなく、仕事に支障がないように、細切れで休みをを取っているだけなんです。

ただ、仕事なのかライフワークなのかの線引きが曖昧なので、楽しんでやっているので、ストレスはありませんが。

できることなら、土日に休んでいる方が気持ちはラク

海で遊ぶ子どもたち

土日を休業日と設定していることで、休んでいるタイミングでの仕事の連絡が少なくなることと。
そして、子どもと一緒に遊んでやることができる。

自分の休みは、いつでもいいけど、子どもと過ごすには土日しかないですからね。

【まとめ】土日だ、平日だ、週休2日だと言わず、もっと休んだらいい

うえせいイラスト

B さん
結局、いろいろ言って挙句に、まとめはそれか〜い!
うえせい
ごめんなさい

いろいろ、土日に休んだ方がいい理由を並べましたが、なんとなく気分が乗らないので、まとめは変えました。

たぶん、こんなブログ記事を書いている時点で、まだまだ人が働いている時に休んでいる=罪悪感、というのがあるんでしょうね。

だいたい、このブログ書いている時間も仕事といえば仕事なんだし、いつも仕事しているようなもの。

休めるときは、気にせず休めばいいのです。

サラリーマンの方だったら、有給は全部使うつもりで、その上で生産性を最大にあげればいいと思いますよ。

結局、その罪悪感が1番いらないって話ですね。

では、また。テリマカシ。

【関連記事】ひとり社長うえせいの、アポイントのない日のタイムスケジュールを公開|合同会社うえせいや

【関連記事】1日で出来ることは意外と少ない! まずは、Googleカレンダーで徹底管理してみる|合同会社うえせいや

【関連記事】うえせいの仕事場公開。仕事をする環境を整えることが仕事の効率化に繋がると実感|合同会社うえせいや

sponsored link





 

lineat

「この記事が気に入ったらLINE@で友だち追加をしよう!

合同会社うえせいやの最新情報をお知らせします。

友だち追加

うえせいイラスト

この「うえせいやブログ」は、合同会社うえせいやが運営する自社メディアです。
【運営している人】
うえせい
【本名】
上原誠司(合同会社うえせいや代表社員社長)
【お仕事】
◯WordPressを使ったホームページの制作
◯自社オウンドメディア運営
◯中小企業向けITサポート
 
【好きなこと】
トライアスロンと自転車とアウトドアをこよなく愛しています。

詳しくは、コチラ