Facebookの振り返りを表示させて、ブログの過去記事のメンテナンスを簡単に習慣化

過去のブログをメンテする

2017年2月24日ブログ

ブログを運営していても、意外に怠っている方が多いのが、過去の記事のメンテナンス。

アクセスのほとんどを、最新の記事のみで集めているような状態では、ページビュー数の増加は見込めません。

そのためには、ときどき過去の記事をメンテナンスして、古くなっている情報があるなら書き換えるなり、キーワードを入れてみたりして、読者に正しい情報を持ち帰っていただくようにしないといけませんね。

ただ、なかなか時間をとって過去の記事を読み返してメンテナンスをしていくというのは面倒なもの。

うえせい(@charin_co)は、ブログ記事を書くと、ほとんどの場合SNSにシェアをしますので、Facebookの「過去のこの日」という、過去の振り返り機能を利用して少しずつやるようにしているので、そのやり方を公開!

▼アクセスが、どこからやってきているのかを理解するための記事

 

Facebookでは、「過去の記事」の振り返りをするよう促す提案してくる

Facebookに過去記事紹介
Facebookを確認すると、このような投稿を見たことのある人も多いのではないでしょうか?

これは、Facebookの「過去のこの日」という機能で、去年、一昨年、その前と同じ日(例えばこの記事を投稿したのが2月24日なので、過去の同日)に投稿した記事を表示してくれるというもの。

メニューにもありますが、勝手に提案してくるようなっています(表示しないような設定にしている方は表示されません)。

うえせいは、ほぼ毎日ブログを書いていて、書いたら翌日にはSNSにシェアしています。

ということは、過去の同日にFacebookにシェアした記事が自動で出てくるということになります。

 

過去に書いた記事というのは、いろいろと手を入れたくなるもの

2015東京マラソン完走後すぐに投稿している
これは、東京マラソンを完走して当日の夜か、翌日の朝に書いたものです。

とにかく疲れがMAXな中、記事を書いた記憶があるのですが、そのような状況であったことや、ブログのデザインを変えていることから、少し見栄えが悪くなっていました。

そのあたりを整えました。

 

過去の記事は、そのままFacebookにシェアできます

Facebookに表示される「過去のこの日」の投稿は、そのまま「シェア」できます。

つまり、数年越しで再シェアできるので、見てくれる人がいるかも知れないと思うと体裁を整えておこうと思いますよね。

 

【まとめ】毎日一つシェアをすると決めて、少しずつ過去の記事に手を入れています

うえせいイラスト
冒頭にも書きましたが、記事を書いていると「今書いている記事」だけが読まれていて、書いたタイミングで読んでくれるような感覚になりますが、読むタイミングは読者次第です。

そこにあまりタイムリーなこと「寒い日が続きますが・・・」みたいなところからスタートしても、共感を得ることができない場合が多いということです。

このことを念頭に置いて、過去の記事であってもメンテナンスをしてできるだけ新しい情報を提供できるようにしていくことが、読者へのサービスとなりアクセス数の増加につながると思いますよ。

では、また。テリマカシ。

【関連記事】ブログを読んで欲しかったら検索意図を考えて記事を書く! 「沈黙のWebライティング」でお勉強

【関連記事】ブログ記事を書く時間を短くするための、うえせいが実践している6つの工夫

【関連記事】「成功している人は、なぜ神社に行くのか?」 私もとうとう神頼みの域に達したのか?

 

 

 

sponsored link

   
うえせいイラスト

この「うえせいやブログ」は、合同会社うえせいやが運営する自社メディアです。
【運営している人】
うえせい
【本名】
上原誠司(合同会社うえせいや代表社員社長)
【お仕事】
◯WordPressを使ったホームページの制作
◯自社オウンドメディア運営
◯中小企業向けITサポート
【好きなこと】
トライアスロンと自転車とアウトドアをこよなく愛しています。
詳しくは、コチラ

 

sponsored link

lineat

「この記事が気に入ったらLINE@で友だち追加をしよう!

合同会社うえせいやの最新情報をお知らせします。

友だち追加

2017年2月24日ブログ

Posted by 合同会社うえせいや 代表うえせい