ブログは、まずは書くこと。WordPressのビジュアルエディタで記事を書いてみよう!

うえせいイラスト

2014年11月24日WordPress使い方

サーバーにWordPressをインストールしたのなら、まずは記事を書かないといけませんね。

ブログサイトを作っただけでは何も始まりません。

とにかく情報発信が大切です。

難しいことは考えないで、ひとまず書くことを習慣にしていきましょう。

 

sponsored link

管理画面で「投稿」を選ぶと、すぐに記事を書き始められる

ビジュアルエディタ1

新しく記事を書く時は→新規投稿

過去の記事や下書きを編集するときは、投稿一覧

をそれぞれ選択すればいいです。
※ちなみにうえせいは、普段はこの2つしか使いません。

 

実際に記事を書いていく編集画面の解説

ビジュアルエディタ2

恐らく、見たままになるのだけど、一応ブログなので解説しておきますね。

上のタイトルのところにタイトルを入れます。
その下の、「見出し」っていっぱい書いてあるところが記事を書くところなので、そこに文章を書いていけば、それだけでOKです。

 

基本的な文章の装飾について

やっぱり読みやすい文章や構成に気を配りたいので、そのあたりの機能を解説しましょう。

 

強調文字

文字を強調したい時に、太字にする機能。
よく多用しちゃう人がいますが、実はダメなのは知っていましたか?
強調されているところは大事な箇所としてGoogleさんも見ているから、あまり沢山使うとGoogleアニキが

「なんじゃこれ?どこが大切なところか分からない」

となってしまうから、本当に大切な箇所だけにしておきましょう。
ちなみにこれは、WordPressに限らず無料ブログサービスでも同じことですよ。

 

斜体文字

文字を斜体にする機能。これも、大切なところだけにしておきましょう。

 

箇条書き

箇条書きにしたい箇所を選んで、このボタンを押すと、その部分が箇条書きになります。
Googleも、キチンと体裁の整った文章の方を優位に扱うので、箇条書きにできるのならば、そうした方が読みやすいし評価も高いのです。

 

見出し

見出しは必ず付けましょう。
普通に紙の文章として考えた時も、ダラダラと書いてあったら読みづらいのと同じだからです。

しかも、ここ最近はスマートフォンで読む人が多いので、そこを考えると細かめに見出しをつけた方がいいでしょうね。

テキストとしてペースト

意外と見落としがちなのがコレ。
地味だけど、ビジュアルエディタの場合はホントによく使う機能です。

ブログやホームページから少しだけ引用しようとコピーしてきて、貼り付けると文字情報も一緒にひっついてくるので余計な装飾(文字の大きさとか色とか)がされてしまうのです。

なので、このボタンを押してある状態で貼り付ければOKです。

 

アイキャッチ画像を忘れず設定しましょう

アイキャッチ画像

多くの場合、このアイキャッチ画像がSNSでシェアされた時のサムネイル画像になるはずです。
SNSでのシェアは記事をポストしてスグのあたりで、爆発的にPVが増えるもとになるので、忘れず設定しましょう。

ただし、文章中の最初の画像だったり、初期設定さえしておけば同じ画像を使ってくれたりするプラグインがあるので、忘れた時のために、そのようなプラグインをインストールしておくのもいいでしょうね。

sponsored link





 

lineat

「この記事が気に入ったらLINE@で友だち追加をしよう!

合同会社うえせいやの最新情報をお知らせします。

友だち追加

うえせいイラスト

この「うえせいやブログ」は、合同会社うえせいやが運営する自社メディアです。
【運営している人】
うえせい
【本名】
上原誠司(合同会社うえせいや代表社員社長)
【お仕事】
◯WordPressを使ったホームページの制作
◯自社オウンドメディア運営
◯中小企業向けITサポート
 
【好きなこと】
トライアスロンと自転車とアウトドアをこよなく愛しています。

詳しくは、コチラ