個人であっても、PCを仕事で使うなら「Office365」を使った方がいい3つの理由

Office365オススメ

2017年2月1日WEB関連

会社から支給されるPCには、Microsoft Officeがインストールされている状態が当たり前。
私、うえせい(@charin_co)も以前サラリーマン時代は、会社のPCを購入するポジションにおり、オフィスがインストールされているものか、そうでない場合は別で購入してインストールしてからそれぞれの使用者に引き渡していました。

とはいえ個人用PCとなると「Office高いしなあ」となることもしばしば。

最近だと、

B さん
Googleドキュメント・スプレッドシートで対応できるんじゃない?

と思う方もいらっしゃるでしょう。

そんななか、うえせいが「Office 365」を使っている理由は?・・・

 

sponsored link

1 まだまだ企業では、「Microsoft Office」がスタンダード

マイクロソフトOffice
無料で提供されているものも、どんどん高機能化しててきており、通常使う分にはそれで十分な場合も多いです。

しかし、長い間「Microsoft Office」がスタンダードになっており操作に慣れている方も多いです。
わざわざ別のアプリケーションの操作を覚えるのは非常に面倒でしょう。

初心者の方においても、新たに覚えるなら無料で・・・、となるかもしれませんが、Googleドキュメントを使いこなしていて、操作を教えてくれる人って、普通身近にいません。

そうしたら、やっぱり「Microsoft Office」となるわけです。

その上、企業間でファイルのやりとりに関してもWord形式、Excel形式などの指定があったりします。

それを、無料のクラウドサービスで作ったものをその形式で保存・・・としても、実際「Microsoft Office」製品で開いてみると、おかしくなっていたりすることもあります。

やはり、まだまだスタンダードを使っておくべきなんでしょう。

 

2 マイクロソフトが提供しているクラウド「one drive」が非常に便利

OneDrive
WordやExcelで作ったファイルを、PC内に保存するのではなく、それと同等の操作でマイクロソフトが提供しているクラウド「one drive」に保存することが可能です。

逆に「one drive」に保存してあるファイルを開く時も、とくにパソコン内にあるかどうかを意識することなく開いて作業が可能なんです。
エクセルから、ファイル開ける

しかも、最近のノートPCの場合、SSD(ハードディスクではなく記憶メモリ)のものも多くなってきていて、保存容量が少ないものが多くなってきています。
この場合「one drive」アプリをインスールしなければ、クラウドの「one drive」上にしか保存されないので、パソコン内の保存容量の節約にもなります。

とっても優秀です。

その上、うえせいの場合「iPad Pro 12.9インチ」で作業していること多いのですが、そのiPadでも、iOSアプリのWordやExcelで同じデータを開いて作業ができるのです。

これは、iPadやiPhoneだけでなく、Androidでも同じ。

値段に関しても、Dropboxと比較するとDropboxの有料プランは1200円/月で「1テラバイト」利用可能で、Office 365は1274円で「1テラバイト」。

1テラバイトもあると、がんがんそこに保存していけばいいわけで、個人の写真やなんか以外は全部そこに保存してしまえば、どのパソコン、タブレットで作業しても同じデータが使えるので、たとえ壊れても失くしても影響は最小限ですみます。

Dropboxボックスの代わりに使うって言うだけでも、元はとれるのではないでしょうか?

 

3 正直、Macだと、Office365にしておいた方が無難

MacBook Air
うえせいのメインマシンは、MacBookProです。

そのMacの、Microsoft Office。
2017年2月1日現在「Office Home & Business 2016 for Mac」が最新版ですが、その前のバージョンは2011。

つまり、5年間はアップデートしないことになります。

次のことは予測できませんが、Microsoftがこの365に軸足を移している感じなので、製品版のアップデートはもうちょっと遅いかも知れません。

その点、借りて使うというイメージの「Office 365」だと、常に最新版が提供されます。

どうせお金を払って使うなら、最新の物を使いたいですよね。

 

【まとめ】カフェやその他、事務所以外で仕事をしようと思うならば「Office365」がオススメです

うえせいイラスト

A さん
そうは言っても、ずっとお金がかかるんでしょ?

確かに、そのとおりなんですが、パソコン関係の技術の進歩はとても速くて、1年後にはOffice製品を使わないようになっているかもしれませんよね。
または、自分の仕事が変わったりして、ほとんどパソコンを使わないようになっているかも知れません。

そんな時に、「いつでも解約できる」というのは、逆に強みでもあるんですよね。

うえせいは、この他にもAdobe製品(IllustratorやPhotoshopなど)もサブスクリプション版という月額料金を払って「借りる」というスタイルにしています。

今後は、このような形がスタンダードになっていくんでしょうね。

ともかく、仕事で使っているなら、最新を保てて、クラウドにデータを残せる「Office365」が快適でオススメです。

では、また。テリマカシ。

▼1年契約だと、Microsoftのサイトよりは、Amazonなどから購入したほうが安い!!

【関連記事】iPhoneの16GBは、クラウドを上手に使えるならオススメの断捨離モデル

【関連記事】iPad Pro12インチ Appleペンシルで手書きすることで、ビジネスの現場でスマートに使う

【関連記事】EightとScanSnapで名刺管理が超便利! ScanSnapCloudを使うと読み取るだけでOK

sponsored link





 

lineat

「この記事が気に入ったらLINE@で友だち追加をしよう!

合同会社うえせいやの最新情報をお知らせします。

友だち追加

うえせいイラスト

この「うえせいやブログ」は、合同会社うえせいやが運営する自社メディアです。
【運営している人】
うえせい
【本名】
上原誠司(合同会社うえせいや代表社員社長)
【お仕事】
◯WordPressを使ったホームページの制作
◯自社オウンドメディア運営
◯中小企業向けITサポート
 
【好きなこと】
トライアスロンと自転車とアウトドアをこよなく愛しています。

詳しくは、コチラ