スターバックスが、50円の追加で気軽にディカフェ(カフェインレス)を注文できるようになった

スターバックスカフェでたたずむ

2017年1月11日頑張らない生活

スターバックスコーヒーが2017年1月11日から、ディカフェ(カフェインレス)のメニューを拡大したようです。

 

以前からディカフェは注文できた

スターバックス コモドドラゴン
ドリップコーヒー限定ですが「コモドドラゴンブレンド」というコーヒー豆が販売されているので、その豆にはカフェインレスのものがあって、それをドリップしてくれました。

このため、追加料金なくディカフェのドリップコーヒーをいただくことができたのですが、だいたい10分くらい待たされることが多いのです(タイミングよく直近で注文した人がいるとすぐ出てくることがあった)。

しかも、追加料金なしでちょっと手間をかけさせている感じがしてたので、ちょっと注文しにくい時も・・・

▼注文の方法を自分で紹介していた

 

追加料金として50円かかるが、メニューも拡充して、注文しやすくなった

どうやらエスプレッソ抽出のメニュー(アメリカンや、ラテ、カプチーノなど)も、ディカフェで注文できるようになっています(もちろんドリップコーヒーもだが)。

私は、少し薄いくらいのコーヒーが好きなので、アメリカーノのディカフェを今後ヘビーローテションになりそうです。

 
[speechbubble type=”ln-flat” subtype=”L1″ icon=”girl.png” name=”A さん”] ドリップコーヒーを注文したときのワンモアチケットはどうなるの?[/speechbubble]

 

ドリップコーヒーを注文して、ワンモアチケットを使ってディカフェを注文してみた

ディカフェを注文してみた
どうやら、ワンモアチケットを使っておかわりする時も、50円の追加が必要なようです。

 

【まとめ】50円の追加でスタバのディカフェのコーヒーが気軽に注文でいるのは嬉しい

うえせいイラスト
ほんとは、カフェインをあまりたくさん摂りたくないので、ディカフェを注文したかったのですが、どうしても時間がかかったり、忙しそうで気を使ったりして、注文しづらかった部分のあったディカフェ。

今後は、50円の追加料金がかかったとしても、すぐ出てくるし、ちゃんとメニューに載っているので、気軽に注文できそうです。

いやあ~、よかった。

では、また。テリマカシ!

【関連記事】スターバックスなどのカフェでパソコンをWi-Fi接続して仕事をする方法

【関連記事】スターバックスをよく利用するならスマホだけで支払いができる公式アプリがオススメ

【関連記事】スターバックスのマイタンブラーを買うと、いいこと4つ

sponsored link

   
うえせいイラスト

この「うえせいやブログ」は、合同会社うえせいやが運営する自社メディアです。
【運営している人】
うえせい
【本名】
上原誠司(合同会社うえせいや代表社員社長)
【お仕事】
◯WordPressを使ったホームページの制作
◯自社オウンドメディア運営
◯中小企業向けITサポート
【好きなこと】
トライアスロンと自転車とアウトドアをこよなく愛しています。
詳しくは、コチラ

 

sponsored link

lineat

「この記事が気に入ったらLINE@で友だち追加をしよう!

合同会社うえせいやの最新情報をお知らせします。

友だち追加