直管形の蛍光灯を工事ナシで大丈夫なLEDに交換してみたら、すんなりできた

直管形LEDに変えてみた

2016年12月13日頑張らない生活

自宅のキッチン上の蛍光灯切れたのをきっかけに、LEDにしようと思ったのですが、意外とあっさりできたのでその商品のご紹介です。

 

A さん
LEDって工事とか、電気の機器からの交換が必要じゃないの?

うえせい
私も、そう思ってたんですが、蛍光灯部分だけ変えたらあっさりLEDになったです。

 

切れたのは、キッチンの手元を照らす蛍光灯

うえせい宅のキッチンの上
地味にこの部分が暗いと、料理しにくいんですよね。

とはいえ、わざわざこれだけを書いにいくのも面倒なのでAmazonで買うことにして検索してみたら、工事不要のLEDがあることを発見!

 

うえせい(@charin_co)が買ったのは、こんな商品

直管形LED
見た目は、普通の直管形のLEDとそんなに変わりはないのですが、そこはLED。

半分は明るくならず、下向きにしか明るくないのです。

しかし、どうせ使うのはキッチンの手元だけだし、十分だと思って購入してみました。

 

 

値段も、そんなに高くないことからダメでも仕方ないと思って購入

直管形LEDのサイズはピッタリ
サイズをきちんとみて買ったので、当たり前といえば当たり前なのですが、サイズはピッタリできっちりもとの蛍光灯と同じ場所におさまりました。

 
あとは、点灯するかどうかで、ドキドキしましたが、あっさりと点灯。
LED電灯あっさり点灯

 

【まとめ】少し高いかもしれませんが、交換サイクルから考えるとアリでしょう

うえせいイラスト
今回購入した商品の値段は千円ちょっとでした。

使ってみると、特に明るいということもないですが、暗くもなく、今までと変化のない感じです。

それならば、蛍光灯でいいのでは?と思うかも知れませんが、このくらいの値段だったら、あと少しだけ安い蛍光灯を買うより、電気代うんぬんのことより交換の手間を考えると完全にLEDにしてしまった方がいいと、うえせいは思います。
(LEDは交換サイクルがとても長い)

ご自宅の蛍光灯が切れたタイミングで試してみては、いかがですか?

では、また。テリマカシ。

 

sponsored link

   
うえせいイラスト

この「うえせいやブログ」は、合同会社うえせいやが運営する自社メディアです。
【運営している人】
うえせい
【本名】
上原誠司(合同会社うえせいや代表社員社長)
【お仕事】
◯WordPressを使ったホームページの制作
◯自社オウンドメディア運営
◯中小企業向けITサポート
【好きなこと】
トライアスロンと自転車とアウトドアをこよなく愛しています。
詳しくは、コチラ

 

sponsored link

lineat

「この記事が気に入ったらLINE@で友だち追加をしよう!

合同会社うえせいやの最新情報をお知らせします。

友だち追加