無料でダウンロード可能で、商用利用もできる細字のフリーフォント6つ集めました

タイプライター

2016年12月12日WordPress

フォントというのは、明朝体が好きだったりゴシック体が好きだったり、細い太いにも好みがあります。

ちなみにうえせい(@charin_co)は、どちらかというとゴシック体の方が好きで、字もすごく細いものが好みです。

A さん
細い字ってどんなのがあるの?

ということで、無料でしかも商用利用が可能な細字のフォントばかりを集めました。


 

スマートフォントUI

スマートフォントUI
これは、細すぎないうえに文字字体に角があるので、普通に文章として使うよりは、見出しなんかで使うと目立つしカッコいい感じに仕上がると思います。

▼「スマートフォントUI」がダウンロードできるページ

 

なごみ極細ゴシック

なごみ極細
ご覧のとおり、かなり細いです。
でも、この細さは実際に使うとかなりクールな印象になって、カッコいいです。
私は、このくらいのフォントが一番好きですね。

▼「なごみ極細ゴシック」がダウンロードできるページ

 

超極細ゴシック体フォント

超極細ゴシック
先程の「なごみ極細ゴシック」をさらに細くしたフォントです。
かなり、細いので小さくなる可能性のあるもの(WEBサイトで使われる可能性のあるロゴなど)には使えなさそうですが、紙媒体で使えばかなりクールな印象に仕上がるんじゃないでしょうか?

▼「超極細ゴシック体フォント」がダウンロードできるページ

 

やさしさゴシック

やさしさゴシック
最初に紹介した「スマートフォンとUI」の角をとったような、ほんとに「やさしい」感じのフォントです。
クールなものは、すこし違いますが、かわいいデザインをする時なんかに使ってみるいいと思います。

▼「やさしさゴシック」がダウンロードできるページ

 

刻ゴシックフォント

刻ゴシック
漢字とひらがなカタカナとで、文字の大きさに差をつけたフォントです。
ひらがなやカタカナが直線的で、全体的に長体(縦長の字)がかかっていて、さわやかな印象をうける字体です。

▼「刻ゴシックフォント」がダウンロードできるページ

 

刻明朝フォント

刻明朝フォント
「刻ゴシックフォント」と同様に、漢字とひらがなカタカナとで文字の大きさが違います。
ただし、ゴシックと明朝の違いもあり、かなり固い印象を受けます。
英文のタイプライターで打ったような文字を使いたいときに良いでしょう。

▼「刻明朝フォント」がダウンロードできるページ

 

【まとめ】うえせいは、細字でクールな印象が好みです

うえせいイラスト
明朝体を使った固い印象のものではなく、ゴシックでしかも細い字を使いたがる傾向にあるようです。

ただし、細い字というのは、見づらい場合もでてきますのて、特にWEBで使う場合はスマートフォンなどのモバイル環境でも表示のことも考えて、使いましょうね。

では、また。テリマカシ。

▼番外編「エヴァンゲリオン公式フォント」なんてのもあります。

 
【関連記事】ブログコンテンツをスピンアウトさせて、ミニサイトを作成してみることで決定!

【関連記事】ブログの見出しを装飾して、簡単に使う5ステップを解説します

【関連記事】パソコンよりいいかも?スマホでブログを書くと、文章が柔らかくなる2つの理由

sponsored link

   
うえせいイラスト

この「うえせいやブログ」は、合同会社うえせいやが運営する自社メディアです。
【運営している人】
うえせい
【本名】
上原誠司(合同会社うえせいや代表社員社長)
【お仕事】
◯WordPressを使ったホームページの制作
◯自社オウンドメディア運営
◯中小企業向けITサポート
【好きなこと】
トライアスロンと自転車とアウトドアをこよなく愛しています。
詳しくは、コチラ

 

sponsored link

lineat

「この記事が気に入ったらLINE@で友だち追加をしよう!

合同会社うえせいやの最新情報をお知らせします。

友だち追加

2016年12月12日WordPress

Posted by 合同会社うえせいや 代表うえせい