時間の管理と、スキマ時間を活用しないようにした理由

移動中は雑誌を読むのだ

スキマ時間を仕事などに有効に活用しようという考え方をしていたのですが、もう長らくやめています。
自分の行動を細かくチェックして、なににどのくらいの時間を使っているかということを管理していたこともありましたが、それもしてません。

やめた理由は次の通りです。

sponsored link

時間を細かく管理しても、それをレビューする時間がもったいなくなった

スマートフォンは、ずっと持ち歩くものなので、時間管理のアプリを使うと、どういうことにどのくらいの時間を使ったかを可視化できるのです。

それをレビューして、無駄に使っている時間を減らしていこうと思っていたのですが、たとえワンアクションといえども、アプリを頻繁に使うことが面倒でした。

また、せっかく可視化をしていても、それをレビューする時間があるなら別のことができるんじゃないかな?とか思い始めると、結局見なくなってしまいました。

ま、このあたりは私うえせい(@charin_co)の性格的なものもあるんでしょうけどね。

スキマ時間は、忙しく仕事をする人間に与えられた、ボーッとする時間

最近気づいたのですが、非常に自分の視野が狭くなっていることに気づきました。

時間を有効に使うために、常にスマートフォンやタブレット、もしくはパソコンを持ち歩いていて、いつでも仕事できる状態にあります。

そうすると、少し時間ができるとカフェに入って仕事をしたり、仕事に関係する情報を得るために新聞を読んだりしてしまいます。

入ってくる情報は仕事のことばかり

仕事が嫌いではないので別に問題はないのですが、とにかく視野に入ってくるもの、耳から入ってくる情報のほとんどが仕事のこと。。。

このような状態では、あらたなアイデアなんてものは生まれるはずもないですよね。

ボーッとするもよし、好きな雑誌を読むもよし、オフにすればいい

私は、新卒でシステム開発の会社で営業マンをしていた時代は、携帯電話は普及してないし、ノートPCはかろうじてありましたが、まだまだ重くて持ち歩くものではありませんでした。

このような時代では、一度外出すると、こちらから連絡を取らない限り、行方不明。

帰社しないと事務作業ができなかったですが、それでも仕事は成り立っていたんです。

スキマ時間をガンガンに使うのではなくて、違うことをしてリフレッシュした方が、いいことがありそうな気がするんですよね。

【まとめ】「やらないこと」だけ決めればいいと思う

うえせいイラスト
なにに活用するか?
ではなくて、1日のうちでこれだけはしない!という、しちゃダメなことを決めておけばいいと思いますよ。

何かをしているときに「これは、やらないことの分類に入ってない?」
というチェックだけをすればいいのですから、面倒なこともないですよね。

お金も時間も、「ない」と思っている人には「ない」ですし、「ある」と思っている人には、ちゃんとあるんですよね。

とにかく時間を切り詰めないといけないと思っていると、必ずそのような過ごし方になります。

ゆっくり過ごしたいなら、細かい時間管理とスキマ時間の活用をやめてみるといいですよ。

では、また。テリマカシ。

【関連記事】就業時間を設定して1日目、早めの就寝前にゆったりベッドで読書ができました。

【関連記事】ブログ記事を書く時間を短くするための、うえせいが実践している6つの工夫

【関連記事】昼寝歴10年のうえせいが、短時間でスッキリする昼寝のポイントを3つ紹介

 

 

sponsored link

移動中は雑誌を読むのだ
lineat
「この記事が気に入ったらLINE@で友だち追加をしよう!
合同会社うえせいやの最新情報をお知らせします。

友だち追加
うえせいイラスト

「合同会社うえせいや」代表の「うえせい」こと上原誠司です。
 
弊社では、WordPressを専門で扱うホームページの制作を承っております。
月額管理料は0円な上、納品後のサボート費用は質問の回答だけであれば永年0円です。
 
お問合せは無料です。お気軽にご連絡ください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。