あれだけ読んでいた自己啓発本を読まなくなっている理由

自己啓発本について

自己啓発本っていうジャンルが曖昧だった頃(たぶん昔はなかったと思いますがよく覚えてません)から、ナポレオン・ヒル氏やデールカーネギー氏といった方々の本を、一生懸命読んでいたうえせい(@charin_co)が、ココ1年程度パッタリと読まなくなっていることに、気づきました。

そして、その理由も自分で分析してみたので、何かの参考にしてください。

 

sponsored link

自己啓発本を読みたくなる気持ちを考えた

自己啓発本って、現状に不満があって何か変えたいって時に、それを将来への道標にするために読みたくなるんだと思います。

今の自分や、いまの生活は×
だから、将来は◯にしたい

私もずっと、そう思っていました。

 

「このままでいい」そして将来に向かってやっていきたいことが見えたら・・・

「このままでいい」というのは、現状に満足をして何もしないというのではなくて、やりたいことに必要なスキルは身につけていきますが、より具体的なものになります。

いま、私が読んでいる本は、仕事上身につけたいスキルを教えてくれる本と、好きなことを知ることができる本です。

WEB関係の本だったり、カメラのスキルアップのための本だったりします。

 

【まとめ】自分の頭に描いた人生が、そのままやってくる。だから、根拠のない自信で人生を切り開け!

うえせいイラスト
日本の将来が不安だから、自分の将来も不安で仕方ないと思っていると、ずっとその不安を払拭するために日々を過ごして、その積み重ねで行きてしまう。
そして、不安を払拭するために積み上げてきたものが、なんらかの理由で駄目になったら、立ち直れない。

反対に、日本の将来がどうあれ根拠のない自信があると、別にまわりの状況がどうあれ自信は残るのです。

その方が強いと思うんですよね。

ある時期、自己啓発本に没頭してたくさんの知識やスキルを自分のものにすることは大切です。
でも、頭でっかちでは、何も進みません。

もう、あなたは大丈夫!
自信をもって、一歩を踏み出しましょう。

では、また。テリマカシ。

【関連記事】独立する前は計画より、「根拠の無い自信」と「覚悟」それだけあればいい!!

【関連記事】「お金があったら◯◯する」って… この考えかたを真っ先に改めないといけない理由

▼コレ、読んでみ!

sponsored link

自己啓発本について
lineat
「この記事が気に入ったらLINE@で友だち追加をしよう!
合同会社うえせいやの最新情報をお知らせします。

友だち追加
うえせいイラスト

「合同会社うえせいや」代表の「うえせい」こと上原誠司です。
 
弊社では、WordPressを専門で扱うホームページの制作を承っております。
月額管理料は0円な上、納品後のサボート費用は質問の回答だけであれば永年0円です。
 
お問合せは無料です。お気軽にご連絡ください。