動画は横型でなく縦型にトレンドは移行していっているようです。ただし編集は大変

動画の編集の依頼を受けたので専門ではないのですが、簡単なものだということで、いま編集の真っ最中です。

しかし、今回撮影された動画が縦型。

それをそのまま使うとうことなので、編集に至っても縦型にする必要があるのですが、動画編集ソフトの多くは縦型には対応していません。

 

sponsored link

名前の通った動画編集ソフトの中で、縦型のまま編集できるもの

premiere
どうやら、「Adobe Premiere」くらいしかできないようです。

私を含め、動画編集といえば「iMovie」ですが、こいつは横型のみとなり、編集しようとすると左右に黒い帯が入るか、上下が切れてしまいます。
「Adobe Premiere」はインストールしてあるのですが、動画を本格的に配信しているわけではないので、ほぼ使い方を知らず。

諦めて、使い方を勉強することにしました(今後は、うえせいの動画は「Premiere Pro」で編集となりそうです)。

 

ただしトレンドは縦型にシフトしているようです。

▼テスト用にスマートフォンで撮影した動画

 
▼YouTubeや、Facebookで再生すると全画面表示になる
スマホ動画再生

YouTubeやFacebookでも縦型の動画の場合は、そのまま縦型で全面で見ることが可能です。
私も、長い動画を見るときはスマートフォンを回転させますが、短い動画の場合は面倒なのでそのまま見ます。

すると1〜2分の動画で縦位置の方が見やすいものに関しては、絶対的に縦にするべきでしょう。

また、若い女性の間で、人気のある「C-channel」ですが、動画は全部縦型です。

 

【まとめ】ブログに掲載する動画についても縦型を意識した方が良いでしょう

うえせいイラスト
当ブログは、多少はテクニカルなことも投稿するので、PCの割合が多少高いですが、それでも7割はスマートフォンになっています。

女性向けサイトの場合はすでに9割近いといいます。

そのことを考慮すると、スマートフォンを回転させずに全画面で見ることが出来る縦型動画の方がマッチングが良いでしょう。

ちょっと複雑な編集は難しいですが、スマートフォンのアプリで縦型のまま簡易な編集のできるものがあるようです。
簡単にさっと撮影して、少しだけ編集してアップ!なんて場面には、スマホのアプリで十分使えると思いますので、使ってみてください。

また、「Adobe Premiere」を勉強してみようと思った皆様。

一緒に勉強しましょうね!
多少動画を編集したことがあったら、なんとかなりそうですよ。

では、また。テリマカシ。

sponsored link

lineat
「この記事が気に入ったらLINE@で友だち追加をしよう!
合同会社うえせいやの最新情報をお知らせします。

友だち追加
うえせいイラスト

「合同会社うえせいや」代表の「うえせい」こと上原誠司です。
 
弊社では、WordPressを専門で扱うホームページの制作を承っております。
月額管理料は0円な上、納品後のサボート費用は質問の回答だけであれば永年0円です。
 
お問合せは無料です。お気軽にご連絡ください。