iPhoneを、iOS10にアップデートする前に知っておくこと&準備しておくこと4点

iOS10

2016年9月8日スマホ

iOS10のリリースは、9月13日(日本だと時差の関係で14日)だと発表されました。

アップデートの案内が来始めると、設定のアイコンの右肩に数字が付くようになって、早くしたくなるのが人というもの・・・
しかし、アップデートにはつきもののトラブル。

できるだけ、トラブルを避けるために知っておくべき対処法をご紹介しておきます。

 

sponsored link

1.iOS10の新機能を確認しておきましょう

iOS10の新機能についてはAppleのサイトをご覧いただくと良く分かると思います。

Appleサイトで紹介されている新機能のうち、早急にほしいものがないのであれば、慌ててアップデートをする必要はないでしょう。

少し落ち着いてから、アップデートすることをおすすめします。

 

2.自分にとって重要なアプリがiOS10に対応しているかどうかを確認

前回のアップデート時に、私が使っていたソニーのデジタルカメラと送受信をするためのアプリが対応しておらず、しばらく使えませんでした。

これが無いと困る・・・
というアプリがあるならば、アップデート前に調べておくといいでしょう。

 
▼前回アップデート時に書いたブログ

もし、アップデートした途端に使えないようじゃ、目も当てられないですからね。

 

3.十分なストレージを確保

iPhoneでも、一番小さい16GBのモデルを使っている方に多いのですが、写真だけでメモリをいっぱいにしている場合があります。
空き容量がぎりぎりだと、インストールができませんので、不要な写真を消すとか、アプリを整理するとかで工夫をしてみてください。

 

4.バックアップ

バックアップについては、平常時に行っているWi-Fi経由のバックアップではなく、フルバックアップを行っておくと全部のデータが残るので安心です。

ローカルのバックアップを暗号化
iPhone(iPad)をパソコンにつないで、iTunesを起動(多くの場合は自動的に起動します)、同期の設定をしてください。

ラジオボタンの「このコンピュータ」を選択しておいて「ローカルのバックアップを暗号化」にチェック。
そして、バックアップを開始することで、iPhone(iPad)の全てデータをバックアップとれますので、万が一の時はこのデータから復旧できます。

 

【まとめ】とにかく、バックアップが肝心です

うえせいイラスト
いきなりアップデートしていいことなんて、そんなにないのですが、毎回当日に行っているので、今回もそのつもりです。

また、その感想などをブログにしますので、私の様子も見てからでもいいかも知れませんね。

では、また。テリマカシ。

【関連記事】iPhoneの16GBは、クラウドを上手に使えるならオススメの断捨離モデル

【関連記事】iPhoneアプリ「photoshop fix」で自分の写真を編集してみたら別人になった

sponsored link





 

lineat

「この記事が気に入ったらLINE@で友だち追加をしよう!

合同会社うえせいやの最新情報をお知らせします。

友だち追加

うえせいイラスト

この「うえせいやブログ」は、合同会社うえせいやが運営する自社メディアです。
【運営している人】
うえせい
【本名】
上原誠司(合同会社うえせいや代表社員社長)
【お仕事】
◯WordPressを使ったホームページの制作
◯自社オウンドメディア運営
◯中小企業向けITサポート
 
【好きなこと】
トライアスロンと自転車とアウトドアをこよなく愛しています。

詳しくは、コチラ