Macユーザー歴20年を超えるうえせいが、リバイバル「角マウス」を衝動買い

kaku_mouse9

2014年11月24日mac

私うえせい(@charin_co)が初めて買ったパソコンがMacだった。

社会人になってパソコンが必要だと思い、電気屋さんにいったところひときわ存在感をはなっていたのが、Appleのマッキントッシュ・カラークラシックというパソコンだった。

当時はWindows全盛のころで、Macのシェアは殆ど無い状態。
しかも、仕事で使うのに一太郎なんてMacで動くはずもなく(当時はパソコンおんち)・・・全く仕事では役立たないものになったという苦い思い出のパソコンでした。

だけど、会社のパソコンと比べて使いやすさと言ったら比べ物にはならず(当時はDOS/V全盛)、すごく気にいってそのままMacユーザーになっていったのを思い出しました。

そのようにMacを買ったばかりの頃に、なぜかすぐに壊れたたまご型のマウスに代わって、中古で買って使っていたのが「Apple Desktop Bus Mouse(通称角マウス)」だった。
なんとなくレトロ感があるのが好きだったのですが、やはりUSBが全盛になってからは使っていなかったのでした。

sponsored link

東京に行った際に秋葉原で偶然発見

kaku_mouse1

このパッケージを見つけた時には、完全にこころが踊っていました。
形状はまったく昔使っていた「角マウス」そのままなんです。

しかも、ワイヤレスになっているではないですか。

そっこう購入決定。

 

オリジナルの角マウスはこんな感じ

kaku_mouse9
さすがに昭和の頃のMacに付属していたオリジナルのマウスだから、レトロ感がハンパないでしょう。

でも、なんとなくこの形が気になるのはオリジナルを使っていた世代だからでしょうね。

恐らく私の持ち方のくせだろう、レトロなだけではなく、角ばっていることによってボタンが先までないというのが、なんとなく使いやすいのです。

 

「ワイヤレス角マウス」を開封してみた

実は、喜び勇んで昼食を食べたお店で開封の儀を済ませてしまったので、写真がそれっぽいのはご勘弁を
kaku_mouse1

箱のサイドを見てみると、その方向からのマウスがプリントされていうのが面白い。
20141124_kaku_mouse4

20141124_kaku_mouse3

箱の中身はこんな感じ。いまさらマウスにそれほど説明がいるわけでもないので、内容物としてはこんなもの。
20141124kaku_mouse7_S

ただ唯一残念なのは、Bluetoothではないということ。
ノートパソコンなんかと一緒に使う場合どうしても、USBのの口に制限があるためBluetoothに対応してくれているとなお嬉しかったのですがね。
kaku_mouse8_S

 

なんといっても、仕事のテンションを上げてくれるだけで正解

うえせいイラスト

実際、このマウスによって仕事効率があがるないでしょうが、見た目による私の仕事へのテンションをあげる効果はとてもある。しかも、オリジナル角マウスが初期のマックに合わせたベージュに近い色で、表面にザラザラとした凹凸のあるプラスチック製。

これに対してワイヤレス角マウスは、ツルツルっとした感じ。
いまのアルミボディのデザインに合わせてくれているのです。
これは、使わない手はないですよね。

数に限りがあるようなので、欲しいと思っかたはAmazonなどの通販サイトか、リアル店舗でお早めにご購入ください。

sponsored link





 

lineat

「この記事が気に入ったらLINE@で友だち追加をしよう!

合同会社うえせいやの最新情報をお知らせします。

友だち追加

うえせいイラスト

この「うえせいやブログ」は、合同会社うえせいやが運営する自社メディアです。
【運営している人】
うえせい
【本名】
上原誠司(合同会社うえせいや代表社員社長)
【お仕事】
◯WordPressを使ったホームページの制作
◯自社オウンドメディア運営
◯中小企業向けITサポート
 
【好きなこと】
トライアスロンと自転車とアウトドアをこよなく愛しています。

詳しくは、コチラ