左目だけが老眼になって疲れる原因は、「利き目」にあった!

老眼の原因利き目

言いたいこと

最近、左目だけがやたらに疲れてやたらに肩がこるので、眼科に行ってみたら、「老眼」だと言われました。
コンタクトレンズの度数を下げるてもいいが、遠くのものが見えなくなるのも不便だということで、老眼鏡で対応することに。

しかし、やたらに左右で見え方が違うのも気持ち悪いもので、別の眼科に行ってみたら「利き目」というのが要因になっていることが判明しました。

 

sponsored link

「利き目」って?

利き目
手や足と同じように、よく使う側を利き目というらしいです。
その利き目をメインで使って、反対の目で補ってものを立体的に視覚しているという説明。

また、利き目は遠くの物を見ることが得意で、反対の目は、近くの物を見ることが得意と言うこと。

 
ということは、うえせいの目は、逆になってしまっていたのです。

利き目の調べ方

OKマーク
人差し指と親指で丸を作って、遠くの1点を見ます

そして、片目をつぶってみると、その丸の中に入っているほうが利き目で、反対の目でみると、見ていた1点が外れています。

 

早速、左目のコンタクトの度数を1段階落としてみた

目
手元が非常に見やすいです。

最近は、アポイントが無く終日PCをでの作業を行う時などは、1日中眼鏡で過ごしていましたが、いまこのブログはコンタクトレンズを着用して書いています。

すごく見やすくなりました。

また、遠方か見えづらくなるかも知れないというリスクも、遠い所は利き目である右目をメインで使っているために、ほとんど影響がありませんでした。

 

【まとめ】老眼初期の方、利き目と反対の方を矯正してみるといいようです

うえせいイラスト
もともと近眼で眼鏡やコンタクトで矯正している人は、老眼初期に同様の症状になるかも知れません。

その時は、利き目と反対の方の目だけ、矯正視力を落としてみると少し楽になる可能性があります。

眼科に一度相談してみてくださいませ。

では、また。テリマカシ。

▼これ読んで、老眼治してみようかなあ。

sponsored link





 

lineat

「この記事が気に入ったらLINE@で友だち追加をしよう!

合同会社うえせいやの最新情報をお知らせします。

友だち追加

うえせいイラスト

この「うえせいやブログ」は、合同会社うえせいやが運営する自社メディアです。
【運営している人】
うえせい
【本名】
上原誠司(合同会社うえせいや代表社員社長)
【お仕事】
◯WordPressを使ったホームページの制作
◯自社オウンドメディア運営
◯中小企業向けITサポート
 
【好きなこと】
トライアスロンと自転車とアウトドアをこよなく愛しています。

詳しくは、コチラ