Wordpsessの予約投稿のやり方を書いておくが、イマイチ意味があるのか分からない

WordPress予約投稿

2016年8月29日SNS, WordPress使い方

WordPressで記事の予約投稿を設定する方法は、とっても簡単。

質問者さん
WordPressで予約投稿ってできるんですか?

たまに頂く質問なので、お答えしておきます。

ついでに、うえせい(@charin_co)なりの予約投稿に関する考え方もまとめておきますね。

sponsored link

WordPressで予約投稿の設定方法

投稿画面の「すぐに公開する」の右側にある「編集」とある部分をクリック。
WordPress予約投稿

▼日付が入力できるようになります。
予約投稿日付

▼「公開」ボタンが「予約投稿」に変わるので、それを押せば完了です
予約投稿

 

SNSへも同時に自動で投稿が可能

WordPressの「Jet Pack」というプラグインを使うことによって、WordPressが予約投稿をしたと同時に、Facebook、Twitter、Google+、LinkedIn、などなど各種SNS投稿することが可能です。

▼Jetpackは、他にもいろんなことができるんです。

「Jet Pack」の設定方法

Jetpack をインストールしたら、管理画面のメニューに「Jetpack」という項目が追加されます。
そこをクリックすると、WordPress.comと連携するように促されますので、IDとパスワードを入力してください。

▼いくつかのテーマをライセンス利用させて頂いております「TCD」さんのサイトに、最初の設定が書いてあったので、そちらをご覧ください。

 

パブリサイズ共有の「設定」をする

▼歯車の部分があるので、そこを選択
パブリサイズ共有

 
▼こちらのSNSを共有できる。
ソーシャルメディア パブリサイズ共有
例えばFacebookに自動で投稿するためには「連携ボタン」を押す

▼あとは、ダイアログに従っていくのみです。
Facebookと連携

 

【まとめ】そもそも予約投稿をする場面は、そう多くないですよ

うえせいイラスト
ここまで、説明しておいてなんですが、予約投稿が必要になることって、いついつの期限まではヒミツにしておく必要があって、公開できない場合くらいです。

例えば、うえせい(@charin_co)の場合、無料のブログ相談会をするときに、◯月◯日から申込受付をすると、公言しているのに、その当日忙しくて募集開始を告知できそうにないなんてことがあります。

こんな時に利用しています。

毎日、何時に投稿しないといけない・・・

これは、アメブロやSNSのように繋がっている方へ、メールや何らかの形で通知される場合、読んでもらいやすい時間を考慮してアップすることが望ましいのですが、WordPressの場合そもそもほとんどが検索エンジン経由で、サイトへ訪問してくれます。

つまり、読んでくれる時間やタイミングその他すべて、検索されるタイミング次第。
その記事が何年も経ってから、読まれている場合もあります。

ヒミツにしておく必要がないなら、出来た記事から公開していくことをオススメします。

では、また。テリマカシ。

 
【関連記事】ブログ記事を拡散するために、ソーシャルメディア(SNS)との連携を解除しました

【関連記事】アメブロからWordPressに転向した方へ。アクセスの経路「読者はどこから?」を意識しようね

【関連記事】GoogleAdSenseのアンカー広告の設置は、WordPressのプラグインを使うと簡単にできた

sponsored link





 

lineat

「この記事が気に入ったらLINE@で友だち追加をしよう!

合同会社うえせいやの最新情報をお知らせします。

友だち追加

うえせいイラスト

この「うえせいやブログ」は、合同会社うえせいやが運営する自社メディアです。
【運営している人】
うえせい
【本名】
上原誠司(合同会社うえせいや代表社員社長)
【お仕事】
◯WordPressを使ったホームページの制作
◯自社オウンドメディア運営
◯中小企業向けITサポート
 
【好きなこと】
トライアスロンと自転車とアウトドアをこよなく愛しています。

詳しくは、コチラ